豆や焙煎堂 店長日記

〜コーヒーのこと、いろんなこと〜
焼き鳥

先日今治までプロレスを観に行って、その帰りに今治名物「焼き鳥」を食べに行きました。

食べに行ったお店は、今治焼き鳥の名店「山鳥」です。

今治の焼き鳥は鉄板焼きが主流です。

中でも皮焼きはぱりぱりで香ばしくて最高でした。

ご興味のある方は行ってみてください。

山鳥

住所/794-0038 愛媛県今治市末広町1丁目4-7
営業時間/17:00〜23:00 オーダーストップ 22:30
TEL/0898-23-1125
| グルメ | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0)
内藤選手対亀田選手戦
先ほど世紀の一戦内藤大助選手対亀田興毅選手を見ました。

本当にこの一戦は辰吉対薬師寺戦、いやそれ以上の注目度かもしれません。

お客さんとも「亀田に勝って欲しい。」「内藤を応援してる。」とよく話題に挙がりました。

結果、判定で亀田選手が3−0で勝ち2階級制覇しました。

みていてチャンピオン内藤選手に何もさせない試合運びでうまくカウンターをあわせていましたね。

本当にこの戦いは興毅選手の弟大毅選手の試合の一件以来相当なバッシングがありました。

それを経てのこの勝利は称賛に価するものだと思います。

僕自身は今日の戦いは「内藤選手に勝ってほしい、けど興毅選手が勝ちそうだな。」と見ていました。

どちらとも素晴らしい選手だと思います。

試合後の興毅選手のコメントに内藤選手に「内藤選手ありがとう」と称えるコメントがあったので、とても美しいと感じました。

ちなみに僕はラグビーをしていましたが、ラグビーの場合、試合の終わりのことを「ノーサイド」といいます。これは体をぶつけ合い、相手をなぎ倒し試合を進めるのですが、試合が終われば敵も味方もない「同士」だという精神なのです。

今日の亀田選手にはそれが感じられました。

興毅選手はまだまだ若いです。いろいろな可能性があり、ボクシングの技術を高めることもですが、もっともっと皆から愛されるチャンピオンになってほしいです。
| その他 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0)
闘魂注入!


今日は30分ほどお店を早く閉めさせてもらい、今治まで新日本プロレスを観に行きました。

僕が幼少期から好きになり、プロレスの興行を初めて行ったのが10年前で、この新日本プロレスでした。

ちょっとマニアックな話になりますが、10年前棚橋選手、真壁選手、中邑選手などはまだ若手で前座試合をするようなかんじでした。

それから現在まで僕も興行を何度も行き、若手だった選手達が上に登りつめ今やメインイベントを任せられるようになっていったのを見ています。

やはり10年間のキャリアは凄いもので、試合運び、ファンを喜ばせるパフォーマンス、筋肉の付け方どれを見てもメインイベントにふさわしい選手になっています。

僕はそんな選手達を見るたびに、子供の頃テレビでタイガーマスクを見て心が踊った時の気持ちに帰ることができます。

そして今日の試合でも若手でもっか売り出し中の岡田かずちか選手22歳ががむしゃらにリングを駆け回っていました。

メインイベントはもちろん楽しかったのですが、今日は岡田選手が最も印象に残りました。

岡田選手は191cmの長身の持ち主ですが、空中殺法も駆使する身のこなしの軽い選手で、とても気持ちの前に出る選手です。そして、女性必見!なんと岡田選手は結構なイケメンです。

今はこれといった技も持っていないものの、どんな大きな選手とやってもぶつかっていく熱いハートの持ち主です。

・・・。プロレスファンではない皆様すみません。熱く語ってしまいました。

とにかく10年後岡田かずちか選手がメインイベンターになっていることを願っています。
| その他 | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0)
テースティング

今日はサンプルで頂いたグアテマラ ラ・クプラ農園 ブルボン種
をテースティングしました。

テースティングの結果を書きたいと思います。

酸、甘、苦、コクバランスの取れたコーヒー。口に含んだ瞬間の印象はとても深く、アフターテイストは甘さ、酸味が目立ってすっきりした印象。

香りはダークチョコにフルーツを入れたような感じ。

総評はとても良い豆です。飲めば飲むほど複雑な香りがあって、飲み飽きないです。
| コーヒーのこと | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0)
暑い・・・。

上の画像は焙煎室の温湿時計です。

最近寒くなりましたが、焙煎室は30度になることもあるのでこの時期でも汗をかきます。

そして焙煎機の真ん前で焙煎しているとさらに暑くなります。

時折お客さんから「暖かくて良いね。」といわれますが、暖かいというよりも暑いのです。

ちょっとした焙煎室ネタでした。

明日も焙煎に勤しみます。
| コーヒーのこと | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0)
御歳暮

今日は御歳暮の発注がいっぱいあったのでそちらの作業で1日が終わりました。

何だか御歳暮のための豆を用意しているととても感慨深いものがあります。

贈り主が贈られる相手のことを思い浮かべ、うちのコーヒーを選んでくれたんだと考えるといつも以上に気合が入ります。

贈り主の思いに力添えができれば幸いです。



| コーヒーのこと | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0)
残りもんには福がある!

今日はお休みだったので料理を作りました。

今日の献立は牛丼とたっぷり野菜の和風汁でした。上の画像は真っ黒で何物か分かりにくいと思いますが、お吸い物に使った昆布の出がらしです。

いつも出汁を取った後もったいないと思っていたので、佃煮にしました。

昆布は出汁をとっても、グルタミン酸のような水溶性のものもあれば、水に溶け出しにくい栄養成分がいっぱいです。

こうすれば、昆布の栄養を余すところなく食べられます。また、食卓の一品にも追加できますよね。



そしてこちらは大根の甘酢漬けゆず風味です。

この時期大根がおいしくなってさらに安く手に入るので、毎年この時期になると食宅に並ぶ一品になります。

こちらは酢、砂糖、塩をあわせ鍋で沸騰させ酢の角を取り昆布と柚を一緒につけて旨味と風味を加えました。

我が家ではとても好評です。興味のある方は試してみてください。
| 料理 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0)
第89回全国高校ラグビー大会 愛媛県予選決勝
今日は全国高校ラグビー愛媛県予選の決勝でした。

いつもこの時期になると高校生ラガーマンだった僕は、当時の熱い気持ちがよみがえってきます。

対戦カードは三島 対 松山星陵です。

結果から言いますと41 対 19で三島が勝ち花園への切符を手にしました。

三島フィフティーンのみなさんおめでとうございます。

そして僕にとって三島が勝つことには特別な感情があります。

それは僕が新居浜東高校ラグビー部だった頃、ご指導いただいた野本監督が、三島を率いているからです。

僕たちの時代は新居浜東ラグビー部史上初のベスト4まで駒を進めましたが、目標だった花園へは一歩届きませんでした。

本当に毎日汗を流し、体を酷使し満身創痍になるまで練習しました。

ですが、やはり全国への壁は厚く敗退しました。

僕たちが成し得なかった全国大会、そして当時は野本監督も全国大会は経験がありませんでした。

そして、三島高校に転任後花園へ出場しました。そして、今日3年ぶり2回目の花園出場を決めました。

羨ましい限りです。本当におめでとうございます。

花園で大暴れする姿を楽しみに待っています。

先ほど三島高校フィフティーンのデータを見ましたが、FW平均体重、身長、BK平均体重、身長どれをみてもサイズは小さいのでとても苦戦を強いられることが予想されます。ですが、サイズに負けず持っている力をすべて出し切ってください。



| その他 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0)
初めての試み
今日はプロ野球セ・パ誕生60周年を記念してU-26NPB選抜対大学日本代表が行われました。

プロ野球と学生野球の現役選手選抜チームの対決は史上初です。

戦前からプロとアマの壁は厚く、今まで交流がありませんでした。

僕が物心が付き野球を好きになってからいつも「何でプロとアマの選手が交流できないのかな?出来たらもっと野球界にとって良いのに。」ともどかしい気持ちで見ていました。

サッカーならばJFAという組織があって、このJFAのもと日本代表、プロ、アマチュアが一本化されています。

それが野球の場合「全日本アマチュア野球連盟」、「NPB(プロ)」、「高校野球連盟」など組織がばらばらで一本化されていません。

ですが近年プロ・アマの壁が少しづつ取り払われようとしています。

2003年プロ野球選手が高校球児を指導していたり・・・。

現在テレビ中継も減るほどプロ野球人気の凋落する中、本当に良い試みだと思います。

まだまだ規定が厳しくいつでもどこでもという訳にはいきませんが、プロの技術に触れていく頻度が増えればと思います。



| その他 | 23:06 | comments(2) | trackbacks(0)
テースティング


今日は昨日に続き、サンプルのテースティングを行いました。

グアテマラ ドンアントニオ農園 ムンドノーボ種です。

ではテースティング結果を書きます。

少し甘いミルクチョコレートのフレーバー、酸味は少なく、きれいで飲みやすいカップ。

特に目立ったアフターテイストはないが、しっとりした後味。

総評すると飲みやすいですが、少し面白みに欠けるアロマです。

このドンアントニオ農園の豆はこのムンドノーボ種意外にカツーラ種がありそちらの出来が良いと聞いています。

今回サンプルを取り寄せているので、品種による違いでどういったテイストになるのか楽しみです。そちらについては後日ブログに書きます。
| コーヒーのこと | 01:16 | comments(0) | trackbacks(0)
テースティング

昨日ブログに書いたグアテマラ プラン・デル・グアヤボ農園を焙煎し、テースティングを行いました。

そこでテースティング結果を書きたいと思います。

甘味は強く感じられ、酸味はとても上質なものがある。

香りはとても華やかなユリのような香り

全体的に爽やかで軽やか。きれいな酸味がとても評価できる。

非常に良い豆です。

また何点かグアテマラの豆のサンプルを頂いているので、後日そちらについてテースティング結果を書きたいと思います。
| コーヒーのこと | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0)
品種の違い

今日数点サンプルで頂いた内のグアテマラ プラン・デル・グアヤボ農園 パカマラ種です。なんといってもこのパカマラ種はとても粒が大きいのが特徴です。


見ていただくとかなり大きさが違います。

スペシャルティコーヒーならではの品種による違いですが、この上の画像は
同じグアテマラの豆です。残念ながら同農園の品種違いではないですが。

(ちょっと難しそうな事を書いていると思われるかもしれませんが、米農家でいうとコシヒカリとあきたこまちの違いのようなものです。)

品種が左はブルボン種で右はパカマラ種です。

パカマラ種のもので味についてはまだ納得のいく物に出会っておらず、当店では扱っておりません。

なのでとても楽しみです。焙煎しテースティングをしてから結果をこのブログに書きたいと思います。
| コーヒーのこと | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0)
ドンゴロス?


今日は少しコーヒー豆が入っている麻袋について書きます。

コーヒー豆はなぜ麻の袋に入れられているのでしょう?

それは麻の袋は通気性が良く豆が呼吸する事が出来、そして耐久性に優れているからです。

そしてこの麻袋は国によって入れる量が違うものの60キロ〜70キロほど詰められています。これを現地の人はスイスイと人力で運ぶのです。(一般男性にはきつい)

そしてこの麻袋にはいろいろな情報が書き込まれています。

生産国、豆の等級、精製方法、粒の大きさ、買い付けた業者、農園(スペシャルティのみ)、品種(スペシャルティのみ)などが記載されています。

また麻の袋といっても生産国で織り方、素材が違い、デザインもさまざまでとてもきれいな物です。

呼び方も各国違い、日本は「アサブクロ」、「マタイ」、世界的には「ドンゴロス」(ヒンディー語の麻袋)、「ジュートバック」(英語の麻袋)、「サッコ」(ポルトガル語で袋)などと呼ばれています。

ちなみに当店では豆をお買上いただいたお客さんに無料で提供しています。

興味のある方はお問い合わせください。

| コーヒーのこと | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0)
絵画

今日はお客さんから県展のチケットを頂いたので絵画などを見に新居浜市立郷土美術館に行ってきました。

当店の豆を利用していただいているお客さんの数人が出展しているのでとても楽しみにしていました。

僕は絵画についてはまったく分かりません。

ただお店に来ていただいているお客さんの中に画商さんが居られていつも来店の際に見せてもらうのですが、その版画が同じ号数で100万円以上するものや300万円するそうです。

値段を聞かず見ていてぜんぜん技術的なことは分かりませんが、良い絵はとても惹きこまれる魅力を持っていることは分かりました。

そしていざ見に行ってきましたが、絵のタッチ、表現、見る視線どれを見ても面白いもので人によってこれほどまで違うのかと。

おそらく書かれる方の性格も出るでしょう。僕は見ていて1番感じました。
大胆なタッチ、色使い、線の引き方。繊細なタッチ、色使い、線の引き方。

皆さん違うのです。

僕は絵が得意ではないのですが、「僕が描くとどうなるのだろう」と興味が沸きました。

ちなみに当店のドリップバッグのイラストは僕自身がデザインし書きました。興味のある方は見てください。



| その他 | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0)
マンデリンという豆

「マンデリン」・・・。コーヒー好きの方なら一度は聞いたことのある豆の銘柄だと思います。

今日は少しマンデリンについて掘り下げて書いてみたいと思います。

マンデリンはインドネシアの豆ですが、インドネシアのコーヒー栽培はロブスタ種ばかりですが、スマトラ島を中心に生産される豆で希少価値の高いアラビカ種です。

当店はスペシャルティランクのものだけを扱っているのですが、スタンダードのG-1規格のものは価格はとても安いですが雑味が多く香りの乏しい豆です。

そして欠点豆がとても多くすべてを取り除こうとすると全体の20%ほど捨てなくてはなりません。

マンデリンはケニア同様香りの強さがある豆なのでブレンドにとても重宝します。当店でも配合する割合は違いますが、極み、巧み、アイス、エスプレッソに使用しています。

ですがこのマンデリンはとても選ぶのが難しい豆です。

スペシャルティの中でも「これ」といったものに出会うのが稀で、今のスーパーマンデリンには納得していますが、他に15種類以上は試しましたが納得いくものは2つぐらいでした。

そして新しい銘柄が入った際は、サンプルを取り寄せテースティングを行っています。

まあ反対にいえばテースティングをしていて1番楽しみの豆でもあるわけです。

ぜひ1度みなさんも「マンデリン」にこだわって飲んでみてください。

そうすれば、スタンダードランクとスペシャルティランクの香味の違い、また同じマンデリンのなかでもこんなに違うものかと思われるかもしれません。






| コーヒーのこと | 02:44 | comments(0) | trackbacks(0)
雪平鍋

この間、食べに行った秀の大将に教えてもらったのですが、「魚の煮付けをうまくしたいならまず鍋の大きさを魚にあわせたらいいよ」と教えてもらいました。

そしてこの鍋を紹介してもらいました。


これはプロ使用のものです。

よく売られている一般品とは違い、打ち出された凸凹の数が違い熱伝導が良く、アルミの材質、層の厚さが違います。

日本料理には欠かせない鍋で炒め、煮物、汁物、ソースにと用途も幅広い鍋です。

ちなみに「雪平鍋」の語源はいくつかあるらしいですが、1つはこの独特な打ち出しの模様が雪のようであるためです。
| 料理 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0)
ブルーマウンテンという豆
コーヒーを飲む方、飲まない方でも「ブルーマウンテン」の名は一度は聞いたことのあるコーヒーの銘柄です。

僕もコーヒーの魅力に憑かれた者として、何度も飲み、焙煎したこともあります。

ですが、うちのお店では扱っていません。

以前このブログでブルーマウンテンのことについては少々書きました。

本当にこの「ブルーマウンテン神話」はまだ根強く残っており、当店に「ブルーマウンテンはありますか?」と問い合わせしていただくお客様もいらっしゃいます。

いろいろ書くつもりはありませんが、

「価格の高さ=おいしいコーヒー」

「ブルーマウンテンが最高のコーヒーで他のコーヒーはコーヒーではない」

という考えはコーヒーの仕事に携わる者として少し寂しい気がします。

確かに当店の扱っているスペシャルティーコーヒー豆は価格が高くスタンダードランクとは値段と香味がだいぶと違います。

ですがブルーマウンテンのような100g1500円(平均的な価格)で買った豆が100g500円で買った豆より3倍おいしいなんて事はありません。

ブルーマウンテン愛飲者の方には、ぜひ1度はいろいろな豆を一通り試してみて欲しいものです。
| コーヒーのこと | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0)
好評です!ブラジルモンテアレグレ農園

10月の後半頃入荷し、売り出してまだ1月たっていませんが前回入荷していたものがなくなり新しいロットが届きました。

以前扱っていたボンジャルディン農園よりも濃厚かつ滑らかな舌触りで甘味を強く感じられる豆です。

おかげさまで好評です。

ぜひ1度お試しを。
| コーヒーのこと | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0)
気温の変化と焙煎


前日までとても雨が降り、今日は全体的に曇りがちの1日で、気温もぐっと低くなり肌寒い感じでした。

これから一層冬に向けて寒くなるのでしょう。

そして気温が低くなるにつれて焙煎にも影響があります。

それは外気温が低くなると、釜の熱保有が悪くなり温度上昇率が低くなるのです。

温度上昇率が低くなると豆に熱が思うように伝わらず時間が長くなり、結果香りの抜けた印象の薄い味になります。

そこでいつもこの時期の対処として使っているのが「ドア」です。

僕の店では焙煎室はしっかりドアで区切ってあり、部屋を密閉できるようにしています。こうすると余計な外気温が流れてくるのを遮断する事ができて焙煎室の温度が保たれます。

ですからこの時期でも焙煎室は30度近くまであり、数種類焙煎を行うとほんのり汗がにじみでてきます。

焙煎を行っていくうえで長年の経験を必要とするのは、季節によって気温や湿度が変わるのでそれに応じて適した焙煎を行う必要があるからです。

まだまだ焙煎の道は長い・・・。

| コーヒーのこと | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0)
すごいね工藤選手!
横浜ベイスターズを戦力外通告された工藤選手(46)を西武が獲得することになったようですね。

現役29年目の工藤選手は僕が物心付く前から活躍していた選手です。

来年の5月には自身の背番号と同じ年齢になるから凄いことです。

ただでさえ残っていくのが難しいプロ野球の世界で、あれだけのパフォーマンスを保っていくのは並大抵ではありません。

また、工藤選手は横浜意外の3球団で優勝を経験し「優勝請負人」と呼ばれる実績の持ち主だから西武もオファーをしたのでしょう。

今年のドラフトで大注目の左腕の菊池選手を育てていく上でも同じ左腕の工藤選手は欠かせないでしょね。

このまま活躍してプロ野球の最年長出場記録の48歳10ヶ月を持つ阪急の浜崎真二選手を抜いて欲しいです。

| その他 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0)
師匠と弟子

今日は晩御飯を「秀」さんで食べてきました。

またまたいろいろなおいしい料理をいただきました。

いつも秀さんに行くと頂くのがみつせ鶏の料理と魚の煮付けです。



そして今日はカナガシラ(金頭)の煮付けを頂きました。

カナガシラはとても頭の骨が硬いことからこのような名前がついたようです。

うちの母曰く祖父の故郷長崎では「お金が貯まる縁起が良い魚」としてよく食される機会が多いそうです。

味の方は淡白だけど、香りに特徴があってとてもおいしく頂きました。

ちなみに旬は秋から初春にかけてですが、寒い時期には脂が乗り、旨味が増すそうです。

そして今日いつものように大将と話していて1つとても面白いことがありました。

それは大将が松山で修行していたので、松山のおいしいお店の話をしていたのですが、たまたま僕が行ったお店でとてもおいしかったので、このブログにも書いた(09,8/15)お店で「吉」さんというのですが、そこの「出汁や盛り付けが大将と結構似てるんですよ。」と言ったら・・・。

大将「僕そこで修行したんですよ!」

僕「えー!。・・・どうりで似てるんですね。」

まあ、なんという偶然でしょう。

そして秀さんの大将は改めて凄いと思いました。

なんといっても師匠の味を忠実に引き継ぎ、さらには新しい物を生み出していく。これは簡単なことではありません。

職人として益々尊敬の念を抱きました。

心のこもった料理今日もおいしかったです。ごちそうさまでした。



興味のある方はどうぞ行ってみてください

料心味力 秀 〒792-0884新居浜市神郷1−2−8 TEL(0897)46−3588 
定休 月曜日
http://shu-ryoushinmiryoku.hp.infoseek.co.jp/
| グルメ | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0)
10万7千
107,000・・・。

これが何の数字かお分かりですか?

2日前ネットのニュースで読んだのですが、何でもタバコの自販機がここ1年半の間で10万7千台減ったのです。

この数字がどれだけ凄いかというと、2002年タバコ自販機の台数がピーク時の62万9100台から約17%も減っているのですから。

やはり、「禁煙する人の増加」、「タスポの導入」が主な原因とされているみたいですね。

そして今タバコがまた増税の対象とされていて1箱500円になんて議論もされています。

もっとこれから禁煙の波は加速していくでしょうね。

僕もかつては喫煙者でした。ですが店を始める前に禁煙しています。

僕はタバコを止めろというような嫌煙家ではないですが、僕個人の体験談としてよかったなと感じたことを書きます。

この仕事をしていてやはり止めた方が微細な味、香りは嗅ぎ分けられ、感じることが出来るようになります。

食に携わる方で味を追求していきたいと思われる方にはオススメです。

実際お医者さんに聞いた話ですが、「タバコを止めると味覚を感じる味蕾細胞が復活して細かな味わいを感じることが出来るようになるよ」と聞きました。

あと最後に1つ。

僕もそうでしたが「タバコを吸うとストレスが解消される」「タバコを止めると反対にストレスが溜まる」と愛煙家の方がよく口にする言葉ですが、これもやはり止めて感じたのが、タバコを吸えない状況が1番のストレスにななっていました。

長い会議、映画、公の交通手段など吸えない状況でいつタバコを吸うのかをいつも考えていました。

ですからタバコが吸えていないストレスを解消するためにタバコを吸っていたのに過ぎませんでした。

現在タバコを吸わない僕はタバコの事を一切考えなくてすむのでその分だけストレスはありません。

総合的に僕は止めて正解だったと思っています。

今回は賛否両論ありますが、僕なりの体験を書かせてもらいました。

禁煙推進派というわけではありませんので悪しからず。

| - | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0)
冬なのか?

すっかり寒くなってきたこの頃。

冬に向けて猫たちにも暖かい寝床を用意しました。

そしてこのホットカーペットを敷いたベッドには9歳の先輩猫が寝る予定だったのですが、わずか1歳のスコティッシュが奪ってしまいこんな感じで寝ています。

しかしいつも思うのですが、秋という季節はとても短く感じます。

夏が来て、過ぎると、とても急激に寒くなり冬になる。なんかそんなイメージです。

まあ、僕は冬が好きなので大歓迎ですが。
| その他 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0)
日本一決定!
日本シリーズ第6戦目。いよいよ決まりましたねジャイアンツの優勝。

今日の試合も白熱した投手戦でした。

1回でピッチャー返しにあった東野選手は大丈夫だったのでしょうか?

しかしその東野選手に代わって急遽登板した内海選手が最高のピッチングをしゼロに抑えました。

その後も豊田選手、山口選手、地元愛媛の新田高校出身の越智選手、抑えのクルーン選手、本当に継投がうまく行きましたね。

とても玄人好みする試合でした。

ジャイアンツ7年ぶり21度目のシリーズ制覇おめでとうございます。

そして、元広島の木村拓也選手が引退発表しました。お疲れ様でした。



そしてこれは今日いつもお世話になっているお客さんから頂いた、来年度のカープのカレンダーです。

今年のシーズンも終わったので気持ちを来年のカープに切り替えていきます。

来年は野村新監督、セリーグの他球団のみんな容赦せんけぇ覚悟しんさいや!
| その他 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0)
愛媛といえば・・・


先日早生みかんをいただきました。

学生時代あまり意識して食べた事はなかったですが、名古屋にいた頃、あちらの友人たち差し入れをしてとても喜ばれました。名古屋は土地柄か静岡、和歌山のみかんが多かったです。

その時改めて愛媛のみかんの糖度の高さ、品種の豊富さに気づいたことを思い出します。

本当にありがたいことに毎年どなたからか箱いっぱいのみかんをいただく機会に恵まれています。

以来みかんがとても好きになり、いろいろな品種を食べるようになりました。

みかんも農作物なので品種による酸味、味の濃度、肉質、香り、どれをとっても違います。

僕の中では爽やかな酸、さくっとした肉質、糖度の高い「ポンカン」、濃厚で甘すっぱい「清美」、まだ品種として誕生した歴史が浅い「せとか」は肉質の柔らかさ、ジューシーで濃厚な甘味はとても好きです。

まだまだ、「春美」、「ネーブル」、「デコポン」、「はれひめ」、「甘夏」、「伊予柑」など豊富な品種が楽しめるのは愛媛の良いところでしょうね。

都会の方々にも試していただきたいものです。

そして愛媛から県外に出て住まれる方々へ、絶対に1度は「蛇口からポンジュース出るんでしょう。」と言われるので気をつけましょう。

ちなみに僕が学生時代はなかったのですが2008年から松山空港でポンジュースの出る蛇口が設置されています(H22年3月まで毎月第3日曜日)。

なんとも粋なはからい。
| グルメ | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0)
日本シリーズ第5戦
いよいよ日本シリーズも第五戦目です。

今日の先発は我らが愛媛同郷の星、今治西高出身の藤井投手対コントロールの良いゴンザレス投手です。

さてどうなることかと見ていました。

試合は2回に日ハムに1点を許したものの、見事な投手戦の膠着状態で進み、8回まで動かず。

こういう時って一発を持っているチームが試合を決める傾向がありますよね。

そして8回裏ジャイアンツの攻撃。大道選手がタイムリーヒットで同点にし振り出しに。

9回表日ハム4番高橋選手がソロアーチで1点リードし、試合が決まったなと見ていました。

そしてジャイアンツ9回裏最後の攻撃。

まず先頭の亀井選手がソロ、続く谷選手は外野フライに倒れ、また、ここで一発のある阿部選手。

出ましたねサヨナラホームラン。

いやーこの試合素晴らしい投手戦で緊張感がありました。

でも昨日は日ハムの特徴的な野球を見られました。

そして、一転今日はジャイアンツの一発の魅力を持つ打線の強みを見られました。

しかし、今年の日本シリーズは両チームの特徴が出ている試合が多いのでタイプの違う野球が見られてとても楽しいシリーズです。

明日の試合はどうなるのでしょう。興味深いです。
| その他 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0)
日本シリーズ第4戦
今日は日本シリーズ第4戦です。

ここで巨人が勝てば王手、日ハムが勝てばタイの大事な一戦です。

結果は8−4で日ハムが勝ったのですが、今日の試合は日ハムの得意な野球が最高にはまった試合でしたね。

ホームランがいっぱい出る様な派手な野球ではないですが、3回の攻めのような単打に続き、それから盗塁、フォアボール、そして仕上げの4番高橋選手のタイムリー。

本当にチーム力とは何かというような試合運びでした。

そして、昨日元広島監督で広島が初優勝した当時の2番ショートの三村敏之氏が心不全のため死去しました。

僕は現役時代の三村さんはあまり知りませんが監督として緒方選手、野村選手、前田選手、江藤選手、金本選手などを育て、起用。監督としての手腕を振るっていたのを思い出します。

61歳という若さで逝ってしまい、これからまだまだ球界の発展に貢献して頂けたであろう事を考えると本当に残念でなりません。

心よりご冥福申し上げます。
| その他 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0)
新蕎麦


今日はお昼御飯にお蕎麦を食べに行きました。

お隣町西条市にある「甲」さんです。

この時期は常陸秋そばの新蕎麦がでているのでとても香りの高い蕎麦を頂けました。

僕はいつもこの新蕎麦の時期をとても楽しみにしています。

やっぱり蕎麦も農作物なのでコーヒー豆に共通する部分がいっぱいです。

コーヒー豆も収穫年より1年をニュークロップ(新豆)としていて、やはり香りが高いです。

そして、そば粉は何番粉を使用するかで風味、香りが違ってくるようです。
これもコーヒーのグラインドと似ています。

本当に奥の深さを感じます。

そして最後は蕎麦湯を頂いて締めました。

ちなみにこの蕎麦湯は風味があって楽しめるのですが、健康面でみてもとても優れた飲み物です。

蕎麦湯に多く含まれているルチンという成分が血管収縮作用、毛細血管の透過抑制作用、毛細血管の壁を強くする効果があり、脳出血の予防に効果があるのではないかといわれています。

ですから僕はいつも蕎麦湯を全部いただくのですが、塩分が気になるので極力つゆを少なくしていただいています。

| グルメ | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0)
テースティング

今日は取り寄せたサンプルの中からインドネシアマンデリンリントンカンティクを焙煎しテースティングを行いました。

マンデリンは上質な物になかなか出会うのが難しい豆です。

テースティングの結果を書いておきます。

マンデリン特有の香りは感じられず、少し味にダメージを感じる。

コクも強く、苦味も強めではあるがなめらかさはなくカップに濁りがある。

マンデリンとしてイメージを持たず飲むと納得できる豆で、もう少し深く煎るとアイス用で使用するのに適している。

結果的に今日も納得のいくマンデリンには出会えなかったです。

マンデリンはあの特徴的な香りでブレンドの隠し味、またケニアの香りと組み合わせ、創造的な香りを生み出す豆としても重宝し、コク出しにと欠かせない豆です。

ストレートで飲む場合もファンも多い豆です。

ですが冒頭にも書いたようにマンデリンの上質な物に会うのはとても難しいです。

上質な豆はなめらかなコクがあり、甘苦味、香りも強く、クリーンなカップです。

今扱っているスーパーマンデリンは僕がテースティングを行った約20種類の中から決めた物です。
| コーヒーのこと | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0)
日本シリーズ2戦目
今日は昨日に続き日本シリーズ第2戦目です。

日本シリーズ2戦目は左臀部の痛みを押してマウンドに上がったダルビッシュ投手の出来がいかがなものかとても気になりました。

いざ試合が始まり見ていると、明らかに投球フォームがいつもと違っていました。

踏み込みが甘く、体重が乗っていない分球も走っていなかったですね。

これはひょっとして流石のダルビッシュ投手でも・・・。

4回の亀井選手の2ランホームランはいつものダルビッシュ投手ならいないであろうと思われる場面はあったものの、ジャイアンツの攻めはこれだけでした。

やっぱりチームを引っ張るエースの投球術はこれだというものを見せてもらいました。

そして早めの継投で逃げ切ったファイターズが勝ちました。

3戦目は東京ドームに舞台を移しての試合です。ここでファイターズもアウェイですが凌いで欲しいです。
| その他 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2009 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE