豆や焙煎堂 店長日記

〜コーヒーのこと、いろんなこと〜
明日から8月
いよいよ明日から8月ですね。

去年の夏を思い出すと37℃を記録したのも8月でした。

「盆を過ぎれば暑さも・・・」とはいいますが最近そのような感じはないですね。

去年でいえば30℃をコンスタントに切ったのも9月下旬。

まだまだ暑さは続きそうです。みなさんも夏バテには気をつけてください。

| その他 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0)
美味しいコーヒーを提供するために
ブログでも良く書いているテースティングですが、お客さんに美味しいコーヒーを提供するためには欠かせない作業です。

テースティングをしっかりしていかなければ正しい香味が解らず、豆の個性に合った焙煎を行う事すら出来ません。

コーヒーといえば「ブレンド」が浮かぶと思います。

少し極端な言い方になりますが僕は「ブレンドは不要」とさえ思っています。

現在はスペシャルティコーヒーの普及で、単一銘柄で充分高品質な豆があるからです。実際に僕のお店では半分づつの割合でお買い上げ頂いています。

しっかりテースティングを行なっていて豆の特徴を捉えていないとバランスの崩れたブレンドに仕上がり、豆の個性を殺してしまいます。

折角創ったブレンドが豆の個性を殺してマイナスになってしまったら意味がありません。
しっかり舌づくりするためにもテースティングは重要なのです。
| コーヒーのこと | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0)
新潟県魚沼産コシヒカリ


おいしいお米の代表といえば、「新潟県魚沼産コシヒカリ天日干し」と日本人ならば誰でも知っているブランドです。

コーヒーも農作物なので当たり前のように産地や品種、精製方法が香味を左右します。

ですが、コーヒーは後進国が生産し、主に先進国が消費するため、過度なディスカウントを求め、結果品質無視の大量生産しか行ってきませんでした。

これが今もなお多く流通しているスタンダードといわれるランクの豆です。

ただ品質を無視した代償は大きく1980年代のアメリカでコーヒーの消費が大幅に減ってしまいました。

そこでアメリカでは「品質の高いコーヒー」を求めていくようになったのです。

それが品種、産地、精製方法をしっかり生産管理した豆。当店で扱っているスペシャルティコーヒーの誕生です。

そしてスペシャルティコーヒーがここ10年で徐々に広まり、その中でも評価の高いブランドが確立されつつあるのです(カップオブエクセレン等の品評会)。

そこで僕の知識の中からおすすめのブランドコーヒー(産地、品種など)を教えたい思います。ただし簡単に手に入るものではないので悪しからず。

僕が1番感動したのは

パナマ・ボケテ地区・ゲイシャ種。

これはもう伝説となっているエスメラルダ農園もボケテ・ゲイシャ種。

僕も実際に飲んで驚いたラ・カルレイダ農園も同様です。
ただしパナマのゲイシャ種は品質も高いですが、価格も超高額です。

目安として100g¥2,000〜と考えてください。

あとはグアテマラ・ウエウエテナンゴ地区・パカマラ種

特に当店でも扱っていたインフェルト農園は毎年品質の良い豆を送り出しているので殿堂入りし、他の農園とは違い独立して品評会に出されオークションにかけられるようになりました。、

また同地区のブルボン種もおすすめです。

もっとスペシャルティコーヒーが広まり、お米のような選び方をして頂けたらと思います。
| コーヒーのこと | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0)
今年も

今年もお世話になっています。

というか、季節関係なく毎日食べています。

ガリガリ君最高です。

| その他 | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0)
夏風邪にご注意

ここ何日間かうちの猫の様子がおかしく、とても気怠そうな感じでした。

この子も11年目と老齢なので「来る時が来たのかな」と最悪な事も考えていました。

そして、今日母が動物病院に連れて行き受診したところ「風邪」ですとの事。

ホッと一息。猫にも風邪がある事は聞いていましたが、11年目にして初めてだったので驚きました。

そして、原因を聞くと夏バテからくる免疫力の低下だそうです。

猫もバテる夏。皆さんも気をつけましょう。


| その他 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0)
ラガーシャツの秘密

九月から始まるラグビーワールドッカップ。

そこでラガーマン達の戦闘服「ラガーシャツ」についてちょっとした豆知識を書きたいと思います。

ラガーシャツと一般的に呼ばれていることが多いのですが、ラグビー界では「ラグビージャージー」と呼ぶことの方が圧倒的に多いです。

僕達が呼んでいたのは「ラグジャー」。そして日本代表のラガーシャツは通称「桜のジャージー」です。


また、ラグジャーは選手同士ぶつかり合い、引っ張り合い、倒れ、こかされるのでとても頑丈です。

画像は襟元ですが、必ず何重にも縫い合わされ補強が施されています。そして脇には補強布があてられています。

実際に僕が高校1年時に初めて買ったラグジャーは、襟こそ擦り切れてしまいましたが3年間活躍してくれました。

また襟元のボタンですがプラスティックのボタンでは選手を傷付ける恐れがあるのでゴム製のボタンが使用されています。

そして最近の傾向ですが、襟が短く掴まれにくくなり、素材も僕の時代は綿主体の物が多かったのですが、汗や水を吸い込んでも軽いポリエステルなどの化繊系の素材が増えました。

ちなみに雨の日にプレーをした際のラグジャーは5kgにもなるといわれていました。

最後にラグジャーのイメージで横縞模様を描く方が多いと思いますが、あれは日本独特のものです。

実は海外のラグジャーは主に無地で単色なのです。ではなぜ横縞模様になったのでしょうか?

それはラグビー海外諸国より遅く日本に入ってきたため、その頃には既に無地で単色というものは出つくした状態だったのです。

そこで、日の丸をイメージさせる赤と白を使い、2色の横縞で日本代表のユニフォームを作ったのです。

その後、実業団や大学などがこの横縞模様を真似てユニフォームを作り一気にあのイメージのラグジャーが広まったのです。

また、横縞模様は体の小さい日本人を大きく見せるためでもあったのです。

ラガーシャツ。ちょっと魅力的じゃないですか?
| その他 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0)
夏の風物詩

夏の風物詩といえば、スイカ、風鈴、アサガオ、高校野球・・・。例を挙げれば枚挙にいとまがないです。

そして、僕の家の夏の風物詩は「熱くて伸びている猫」です。

猫達にとっても夏は厳しいみたいです。

| その他 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0)
あと少し


あと少しで纏まって注文頂いていた商品が出来そうです。



しかし、そちらの作業に追われて頂いたサンプルのテースティングが出来ず溜まっています。



| コーヒーのこと | 22:38 | comments(1) | trackbacks(0)
なでしこJAPANの功績
女子サッカーW杯で見事なでしこJAPANが優勝を果たしました。

決勝で戦ったアメリカとの過去の戦績は0勝21敗3分、しかも平均身長が7cmも違う体格差という誰が見ても圧倒的不利な試合が予想される中での快挙です。

また、なでしこJAPANの選手達は普段は「温泉旅館の仲居」「農家」という、決して恵まれた待遇ではなく、最も待遇が良いといわれる「INAC神戸」でさえ、給料は月額で10万円前後だそうです。

これは集客が見込めないとお金にならないスポーツ界の厳しい現実で、今大会も注目度は低かったように思います。

僕自身スポーツを全般的に見るため女子サッカーは過去のW杯でもベスト8、オリンピックでもベスト4と成績を残していることは知っていましたが、大会が始まってからもあまり注目はしていませんでした。

でも日程が進むにつれて準決勝、決勝。

そしてついには優勝まで果たしたなでしこJAPANにただただ感動をしました。

また3月に発生した東日本大地震の甚大な被害で復興途中の日本に勇気を与え、世界には「苦難を乗り越え、立ち上がる強い日本の象徴」になったはずです。







| その他 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0)
28℃設定

当店のお客さんで農薬の研究をされている方がいます。

その方は仕事で頻繁に北海道に出張をしているのです。

僕は未だ北海道に行った事がなく、興味津津(主に食べ歩きですが)です。

そこでまず「北海道は今何度ぐらいあるのですか?」

お客さん「25℃ぐらいよ」

僕「良いですね!クーラー必要ないですね」
お客さん「クーラーを持っていない家庭も多いけど、かけてるよ」
僕「ちなみに25℃しかないのに、気温設定は何度にするんですか?」

お客さん「20℃ぐらいよ、だから全国ニュースで言われている28℃設定はピンとこないみたいよ」

僕「・・・。確かに。」

でも理屈でいえば33℃から28℃にするのも、25℃から20℃にするのも互いに5℃冷やすのだから消費電力は同じ?なのでしょうか?

まあ何よりもこちら四国で25℃だとクーラーはかけないですけど。


| その他 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0)
足りない物は?

いつも当店をご利用頂きありがとうございます。

いきなりですが、ご来店頂いた事のあるお客さんに問題です。

この上の画像は当店の正面玄関から撮影した一枚ですが、普段の当店の外観で足りない物があります。

それは何でしょう?


正解は・・・。


・・・。


・・・看板です。


そうです。当店の看板が落ちました。

事故は無く、事亡きを得たのですが、とても不吉な予感です・・・(悲)。

看板屋さん、大工さん速めに対処お願いします。


| その他 | 21:46 | comments(1) | trackbacks(0)
ちょっとへばり気味

とても暑い日が続きます。

当店も贈り物、お返しにと大量に注文を頂き、焙煎機を回しに回してます。

流石に焙煎機の前にいると自然汗が吹き出てきます。

幸いな事に僕は夏バテをした事(気付いていないだけかもしれませんが・・・)がないので食欲不振になることはありません。

皆さんも冷たいものばかり飲んで体を冷やして夏バテしないように気をつけましょう。

| コーヒーのこと | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0)
パシフィック・ネーションズ杯初優勝
ラグビー日本代表がサモア、フィジー、トンガで対抗戦を行うパシフィック・ネーションズ杯で初優勝を飾りました。

ラグビーを知らない方はピンとこないと思いますがどちらの国も強豪国揃いです。

過去のW杯をみても、フィジーはベスト8、トンガもベスト8という成績です。

日本はというとW杯毎回出場ではありますが、すべて予選グループで敗退です。

ですから今回のパシフィック・ネーションズ杯で優勝を飾った事は快挙なのです。

今年の9月から始まるワールドカップに向けて期待の持てるニュースになりました。


| - | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0)
再会

アメリカ人の友人デイビッドが1年ぶりに当店に訪ねてくれました。

デイビッドとはかれこれ3年ぐらいの付き合いになりますが、彼が昨年アメリカに帰って以来の再会となりました。

彼はとても優しく、繊細でハッピーな性格をしています。

そして、何よりも親日家です。

今回日本に帰って来たのも東日本大地震で被災した東北を訪れたいという想いを抱いていたのだそうです。

日本でALTだった経験を活かし「学校を訪れて子供達と触れ合いたい」と言っていました。

これには僕も日本人として感謝の気持ちで一杯になり「ありがとう。でも、余震もあるから気を付けてね。」と言いました。

新居浜には1週間滞在し、それから東北に向かうようです。

デイビッド本当にありがとう。

でも本国に帰って1年経ったせいか、心なしか日本語があいまいになっていました。



| その他 | 23:55 | comments(1) | trackbacks(0)
夏になると思い出す
夏になると毎年思い出す事があります。

それは高校時代のラグビー部の練習です。

ラグビーは最後の大会(花園)が12月〜1月にかけてあり、県予選が11月にあります。
高校ラガーマン達はその時期に合わせて、夏場にみっちり合宿や走り込みを行うのです。
そこで僕がしていた練習を紹介したいと思います。

15時30分に授業が終わると即刻部室に向かいます。

そして、タックルバッグ、コンタクトバッグ、ヘッドキャップの道具を部室からグラウンドに出します。

それからボールに空気を入れて、柔軟体操を行いランパスをしてアップ終了です。

16時より練習の開始です。

フォワード、バックスの全体練習では試合に近い形式でアタックディフェンス、パスなどのハンドリング練習。
そして、フォワード、バックスに分かれてパート練習。僕達バックスは主にサインプレーの連携確認練習、キック処理からのカウンター練習。

パート練習を終えてまた全体練習です。

基礎体力練習に移ります。ここではとにかく絞り込まれます。

腕たて、腹筋、背筋、スクワット、各10回ずつ行い20mダッシュを往復する。これが1セットで5セット。
それが終わるとタックル50本。

で、まだ続きますよ。
100mダッシュをした後50mジョグでならし、また100mダッシュをし50mジョグをする、これが1本。で10本走ります。
そして、最後の仕上げ、10kmインターバル持久走です。1kmを4分以内で走り、1分間インターバルをとり、その後また1km走る。これを10本です。

あとは強制ではない個人練習です。ウェイトトレーニングやパスにキックと各々がウィークポイントを補うべく取り組みます。

帰りはだいたい20時でした。

これでは太るわけがないですよね?
| その他 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0)
好評です!アイスケニア
暑い日が続き、当店でも試飲用のコーヒーもアイスコーヒーに変わりました。

そこで、例年は水出しコーヒーを試飲用として提供していましたが、今年は香りを強く楽しめる急冷式で、しかも単一品種のケニア・イーガーズ農園をアイス用で淹れて提供しています。

そちらがとても好評でアイスブレンドはもちろんですが、ケニア・イーガーズ農園の豆がよく売れています。

とてもフルーティであっさりしているので、ぜひアイスブレンドと飲み比べしてみて頂きたいです。


| コーヒーのこと | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0)
梅雨明けしました
四国地方も梅雨明けが発表されました。

雨降りもあまり好きではありませんが、これから夏本番となると気が重いです。

夏は嫌いですね。

でも夏バテしないよう、皆さんも気をつけてください。
| その他 | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0)
まさかあの有名人と・・・。
今日1つ年上の幼馴染が来てくれました。

そしていつもと変わらない他愛も無い話をしていたら、

幼馴染「拓ちゃん○○幼稚園の出身だよね?」

僕「そうだよ」

幼馴染「卒園アルバム見せてよ」

僕「良いよ」

アルバムを見せて僕「誰か知ってる人でもいるの?」

幼馴染「僕の大好きな超有名人がいるよ」

僕「そんな有名な人いたっけ?」

で、アルバムを見ました



な、なんと声優、歌手として大活躍している水樹奈々さんです!

新居浜市出身で同い年とは聞いていましたが、幼稚園が一緒だったとは驚きました。

しかし、ファンの方の愛は凄いですね。

1度テレビでタモリさんが「ファンは俺より、俺の事を知っている」と言っていましたが、本当ですね。

| その他 | 23:58 | comments(1) | trackbacks(0)
食文化の発展

先日お客さんからブルーチーズのゴルゴンゾーラとクラッカーを頂きました。

流石にブルーチーズらしく香りもあってコクもありますが、ゴルゴンゾーラなのでクセは強くなく、まろやかで食べやすかったです。

でも、僕が子供の頃チーズをワインと楽しむなんて思ってもみなかったです。

昔はチーズはピザに乗っているものぐらいでした。

パスタなんてスパゲティしかないし、チョコレートはゴディバのような高級なチョコレートは存在せず、板チョコのみでした。

考えると日本も食文化が進み、世界中からおいしい物が集まり、楽しむ幅が広がりました。

コーヒーもここ10年でランク分けがされて、高品質なコーヒーを楽しむ事が出来るようになりました、でも実感として未だ知名度は低いです。

コーヒー業界も文化的な地位を高められるよう尽力しなければいけないですね。


| グルメ | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0)
8/21のコーヒー教室


今度のコーヒー教室は「アイスコーヒーの入れ方」についてです。

香りの高い急冷式、まろやかな味わいの水出し式、そしてまた冷たいアレンジコーヒーの入れ方などを講習内容として考えています。

そして、去年行ったときはアイスブレンドのみでアイスコーヒーを入れましたが、今回はケニアイーガーズ農園PBを使って急冷式にチャレンジしていきたいと思っています。

「アイスコーヒーは苦いだけ」なんて思っている方はぜひ参加して頂きたいと思っています。
| コーヒーのこと | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0)
節電
日毎に暑さがわかるようになりました。

今日本全体で節電対策が求められています。
そして、家庭の中で消費電力が多いのはエアコンで約30%を占めています。

僕は基本的にエアコンを使用することはなく、扇風機を使用しています。

消費電力は一時間約¥1だそうで、エアコンと比べると20分の1です。

でも、暑くて耐えられない時は、エアコンを30分ほど使用して、扇風機を併用します。
これだけで体感温度が低くなって充分な涼しさが得られます。

しかし、無理は禁物。熱中症に気を付けて、水分補給はこまめに行いましょう。
| その他 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0)
手に入れてしまいました

ラグビーワールドカップが9月から始まります。

ラガーマンだった僕としては今からテンション上がりまくっています。

そして、遂にラグビーボールを手に入れてしまいました。

もちろん現役復帰するわけではないですが・・・。

ラグビーボールはあの独特な楕円形ですが、作っているメーカーで微妙に違います。

細長いもの、丸っこいもの、手に吸い付きやすいもの、弾力が強いもの、弱いもの。と様々です。

密集からボールを出す役目のスクラムハーフをしていた僕にとってボールの相性はとても重要でした。

僕としては細長く、手に馴染むモルテン製ボールが好きでした。

ちなみになぜラグビーボールが楕円形かというと、実は初期のラグビーボールは球体でとても重く、ラグビー校(ラグビー発祥の地)の生徒が軽く、良く飛ぶボールを職人さん(後のラグビーメーカーのギルバート社)に発注しました。

その職人さんが豚の膀胱を膨らませ皮で覆ったボールを作ったところ、とても軽く飛ぶボールが出来ました。

その豚の膀胱が細長く楕円形だったので、それが定着したのです。


| その他 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2011 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE