豆や焙煎堂 店長日記

〜コーヒーのこと、いろんなこと〜
明日から店頭販売価格の割引率が変わります
明日10月1日からコーヒー豆の店頭販売のまとめ買いによる割引率が変わります。

申し訳ありませんが、実質値上げとなります。

2010年後半よりコーヒー豆は高騰を続け、連日テレビ、新聞、雑誌を賑わせてきました。主な原因は新興国の需要拡大と投機目的による相場価格の引き上げです。

当店では「高品質な豆をお手頃に」と考えているため値上げはせず対応してきましたが、10月の新豆が入荷する頃から価格の上昇が予想されています。さらには年末に向けて相場は高くなる傾向があり、割引率を5%下げる苦渋の決断となりました。

実質1杯あたり約2円の値上げとなります。

正直言ってスタンダードランク(低品質、低価格の豆)を使用し販売価格を抑える事はできますが、それでは開店当初より専門で扱ってきたスペシャルティコーヒーを気に入って飲んでくださっているお客さんをがっかりさせることになると思い決断したのです。

ちなみに10月後半にはルワンダ・ナショナルアワードに選ばれたンコラ農園、11月にはニカラグア・カップ・オブ・エクセレンスに選ばれたコフラディア農園を販売予定です。コーヒー好きの方にはどちらも魅力的な豆だと思います。

豆や焙煎堂では、高品質でおいしいコーヒーをお届けしてまいりますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

| コーヒーのこと | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0)
マンデリンビルセレクシ販売休止

現在扱っているマンデリンビルセレクシの在庫がなくなり、新豆の入荷待ちです。

そのピンチヒッターとしてマンデリンスマトラタイガーを仕入れました。

あと1週間〜10日ほどでビルセレクシが無くなりそうなので、それ以降の販売となります。

現在マンデリンの品質はとても悪く良い豆に出会う機会が少ないですが、スマトラタイガーは品質が良かったので代役にさせて頂きました。

スペシャルティコーヒーの世界は豆をどれだけ知っているかが重要です。

豆の品質を見極める作業は時間が掛かり、根気が必要ですが僕のコーヒーの仕事の醍醐味でもあります。

スマトラタイガー近日発売。楽しみに待って下さい。


| コーヒーのこと | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0)
万理一空
「万里一空」大関昇進を決めた琴奨菊関が述べた口上です。

この諺は宮本武蔵が長年の修行で到達した精神的境地で、著書の「五輪書」では「山水三千世界を万理(里)一空に入れ、満天地とも攬(まとめ)る」と記されているそうです。


すなわち「すべては一つの空に通じている。一つの目標に向かってやるべきことを見失わず頑張り続ける」といったところでしょう。

素晴らしい言葉です。何事にもブレない精神の持ち方を詠った諺は多く僕自身も「初志貫徹」という諺は大好きです。

意味は「初めに思い抱いた願望や志をくじけずに最後まで貫き通すこと」です。


| その他 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0)
ラグビーW杯2勝目はおあずけ
もうニュースでご存知の方も多いと思います。

ラグビー日本代表がカナダと1次リーグ最終戦を終えました。

結果は23−23の引き分けとなりました。正直ラグビー代表は世界で勝てるレベルではありませんが、カナダには勝たなければいけない相手だと思いますし、勝って欲しかったです。

試合の内容はまだ放送(この後日テレで24:03〜放送)を見ていないので分かりませんが、スコアをみると前半は17−7でリードして折り返しています。

おおよそ後半でフォワードが力負けしバテが激しくなり、ディフェンスが甘くなっていったのでしょう。

日本ラグビーは1歩づつですが確実にレベルアップしています。

2019年には日本でワールドカップが行われます。その時にはジャパンラグビーが歴史を変えるのを楽しみにしています。
| その他 | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0)
本日の焙煎室

最近滅法涼しくなりました。

ですが、焙煎室は常夏です。

ちなみに34℃をマークしています。

| コーヒーのこと | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0)
夕食後に

夕食後にいよいよエスメラルダ農園コルガのテースティングを行いました。(定番とらやの羊羮とともに)

さすがに高品質な豆です。

フルーツの酸味、甘味、コク、マンゴーのフレーバー。

紛れもなく最高品質ですが、 ベスト・オブ・パナマ上位のカルレイダ農園のクオリティまでは届かない感じです。

今度はエスメラルダ農園の評価の高い地域を試したいです。

ちなみに最も高い評価を受けた「マリオ・カーニバル」地域はコルガ地域の約4倍の価格を付けられました。


| コーヒーのこと | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0)
伝説の農園がやって来た


コーヒー業界を震撼させた伝説の農園があります。

その農園はパナマ・エスメラルダ農園です。

エスメラルダ農園の伝説は 2004年のベスト・オブ・パナマ(品評会)から始まります。

2004年のベスト・オブ・パナマで、エスメラルダ農園が出品した豆が優勝し、以降4年連続優勝を記録したのです。

ベスト・オブ・パナマは、レベルの低いコーヒー品評会での話ではありません。

一般的に多く流通しているスタンダードランクは79点以下のスコアです。ですが、エスメラルダ農園は90点以上のスコアをたたき出しているのです。(ちなみにスペシャルティランクは80点以上)

そして、功績が認められエスメラルダ農園単体で評価され、オークションに掛けられ世界中に流通するようになりました。

その伝説の農園の豆をやっと手に入れることが出来ました。

今回は自分のサンプル用に取り寄せたので一般販売はしません。

今回の取り寄せた同農園の地域は「コルガ」のもので、評価はあまり高くなく割りに安価で手に入りましたが、スタンダードランクの豆の平均的な価格の約6倍はするものです。

以前扱ったベスト・オブ・パナマのカルレイダ農園がとても良かっただけに期待感は相当なものです。

早くサンプルテースティングしたいと思います。

いつかみなさんにも提供できると良いのですが。
| コーヒーのこと | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0)
新日本プロレス新居浜大会終了

今年も新日本プロレスが新居浜にやってきました。

去年よりもお客さんの入りも良くまずまずの盛り上がりでした。

そして何よりも嬉しかったのはキング・ファレ選手と今年も話せたことでした。

ファレ選手とは去年も少し話し、共通の話題でちょっと盛り上がってしまいました。

ファレ選手と僕の共通点とは・・・?

ラグビーです。ファレ選手はもちろんバリバリのラグビーエリートです。

トンガ出身。193cm120kg(公式では113kgですが本人から聞きました)の恵まれた体格を活かしトップリーグのサニックスブルースの一員として活躍しました。

そして新日本に入門したのです。

ファレ選手はデビューする前から見ていて、デビューしてから初めてファレ選手がラガーマンだったことを知りました。

そして去年ラグビーの話をして盛り上がったので、声を掛けてその話をしたら僕のことを憶えていてくれました。

勝手な僕のミーハー心ですが、ファレ選手に親近感が沸き今年は何といってもラグビーワールドカップについて話しました。

するとやはり「インターネットで見ているよ」「ジャパンはトンガとしたね」とファレ選手。

ラグビーとプロレスを愛する僕としては最高のレスラーです。

もっともっと成長してトップレスラーになってほしいです。
| その他 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0)
カーワンジャパン1勝までの道のり
ネットのニュースで結果を読んだ方もいると思いますが、ラグビー日本代表がトンガ代表に18−31で敗れ、日本は3連敗で7大会連続の1次リーグ敗退が決まりました。

残すところは2勝目大本命のカナダ戦のみとなりました。

僕は試合前にフランス戦、ニュージーランド戦、トンガ戦とすべて自分なりに予想して大体その通りとなりました。

これは自慢でもなんでもなく、ラグビーを経験している人なら大体は予想のつくスコアです。

それぐらいラグビーは番狂わせのない競技なのです。ワールドカップが始まってからもよくいわれています。

なぜそれだけ番狂わせがないのでしょうか?

僕なりにお答えします。

ラグビーは基本的にキック以外パスを前に出してはいけません。

そのため前に進むためにコンタクト(ぶつかり合い)が必須となります。

コンタクトは体力差(実力差)が如実に出てしまい、自分がボールを持って当たる時は必要以上に体力を消耗し、相手がボールを持って当たる時も必要以上に体力を消耗するようになります。

それを前後半80分戦っていると時間の経過とともに攻め勝っているチームと負けているチームの体力差の開きがさらに大きくなっていくのです。

残るカナダ戦勝ちの見込めるチームです。

ぜひ日本ラグビー界発展のための2勝目にしてほしいです。

最後に勝手に27日(日)のカナダ戦予想をします。

20−10の10点差以内の接線で「日本勝利」です。

27日(火)24:03〜日テレで放送です。注目してください。

| その他 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0)
熟練の技

今この本を読んでいます。

この本は現代の名工に選ばれたバット職人の久保田五十一氏やグラブ職人の坪田信義氏の仕事についてスポットをあてた本です。

その中でバット職人久保田氏のエピソードで感心したところがあったので紹介します。

久保田氏は名立たるプロ野球選手のバット手掛けています。その中で歴代最多3回の3冠王に輝いた現中日監督の落合博満氏との話です。

1995年のシーズンオフに落合選手が2本のバットを携えて岐阜の養老工場までやってきました。

そして2本を並べ、ひとつのバットのグリップが細い、というのです。

久保田「そんなはずはありません。」

落合「いや間違いない。おれは素手でバットを握っているから、ちいさな誤差でもわかる。」

そんなバカな、と思いつつ久保田氏はノギス(副尺つきの金属製ものさし)を取り出してグリップ部を計測しました。

確かに落合選手の指摘通りひとつのバットのグリップ部が0.2ミリ細かったのです。

原因は久保田氏が老眼になりノギスの目盛りが見えにくくなり、バットの誤差になっていたのでした。
 
そして久保田氏は自身の非を詫び、率直な疑問を落合選手にしてみました。

久保田「わたしの中で0.2ミリの誤差がいけないという理由があまり理解できません。なんでダメなんでしょうか?」

落合「バットは強く握ってはいけない。ボールがバットに触れた瞬間、ぎゅっと握りしめる。そのとき、バットのグリップが細いと手の中でグリップが遊んじゃう。ゆるんじゃう。だから、ダメなんだ。」

この話を読んだときなんてレベルの高い職人同士の感覚なのかと思いました。

0.2ミリで削り分ける久保田氏も、その誤差を分かる落合選手も超一流の職人です。

脳科学者の話で職人の道具を操る感覚とは「自分の身体を認識していたニューロン(神経細胞)が、道具を手の一部として認識し始める」というのです。

本当にその通りだと思います。

僕は焙煎をし始めて約6年半となりました。

焙煎初心者だった頃同業の先輩方に話を聞いて「焙煎は1秒で味は違う」といわれました。

僕はひねくれ者なので「大げさだ」と思っていました。ですが、ここ最近になってその言葉が素直に入ってくるようになりました。

僕の場合はまだ1秒単位とまではいかないですが「10秒の誤差」ははっきり分かるようになりました。

まだまだ未熟者です。これから先「1秒の誤差」を追及していきたいと思います。


| コーヒーのこと | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0)
品質と価格


ここ最近ジャマイカ・ブルーマウンテンでも単一農園にこだわりテースティングを行っています。

いわゆるブルーマウンテンとはブルーマウンテン山脈の高地で作られたものをいいます。

その下の中腹の地域は「ハイマウンテン」といい、その他の地域を「プライムウォッシュ」といいます。

プライムウォッシュの生産量が一番多く、ブルーマウンテンのように高地に向かうにつれて生産量は少なくなり、価格も高くなります。

ブルーマウンテンの価格の高さはご存知の通りだと思います。

今日テースティングを行ったジャマイカ・ハイマウンテン・バロンホール農園ですが、ナッティで口当たりも良くクリアなカップで品質はとても良いと思います。

ですが、この豆を僕はお客さんに提供する自信はありません。

何よりも価格に納得がいきません。

大まかにいうとブルーマウンテンの100gの販売価格はおよそ¥1,500といったところでしょう。

単純に¥1,500だから高いとはいいません。以前当店では一部のお客さんのみの販売とさせて頂きましたがベスト・オブ・パナマに入賞したカルレイダ農園を¥2,200で提供させていただきました。

僕が一番重要視しているのは「品質と価格のバランス」です。

ですからスタンダードランクの豆を使用しているスーパーなどの量販店に並んでいる、500gで¥980のようなディスカウント品でも価格と品質のバランスが取れていて良いと思うのです。

ですが、今日テースティングしたジャマイカ・ハイマウンテン・バロンホール農園の品質はスペシャルティの中でも平均中の平均でしょう。

品質以上に価格が高くなるような販売をする事は自分の考えは合いません。

ですが今後もブルーマウンテンについては追求していくつもりです。


| コーヒーのこと | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0)
世界1位に挑む
いよいよラグビー日本代表が世界1位のニュージーランドと対戦しました。

この後1時03分〜日テレで録画放送されますが、結果は83−7と大敗をしました。

この点差をみてがっかりされる方もいるでしょう。ですが過去第3回ワールドカップでニュージーランドと対戦した時、日本代表は今も残る1試合最多失点記録の145−17で負けているのです。

ここ数年で日本のラグビーは確実に進歩を続けています。今大会の目標はワールドカップ2勝目。

特にカナダ戦には注目です。

日本の2勝目みなさんも一緒に応援しましょう。
| その他 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0)
虫食い豆

昨日ブログで書いたベリーボーラーの件ですが、ベリーボーラーの画像はなかったので、ベリーボーラーが食い荒らした虫食い豆をアップしてみました。

豆の品質を脅かすベリーボーラー。少しでも減ると助かるのですが…。



| コーヒーのこと | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0)
ベリーボーラー
コーヒー豆を栽培していくうえで発育を妨げる不安材料があります。

特にさび病、CBD、そして害虫のベリーボーラーです。

さび病は葉の病気でCBDはカビの病気で実を落としてしまうのです。

そして、この2つの病気は現地でしか見られません。

ですが唯一ベリーボーラーが食い荒らした豆だけは混入して入ってくるのです。

これをしっかりハンドピックによって省いていくのです。

ベリーボーラーが食い荒らした豆(虫食い豆)は1mmぐらいの穴を開いています。その穴から入り、
中の実を食い散らかし、豆の品質を劣化させるのです。

最後にベリーボーラーという名前はberry(コーヒーの実)borer(穴を開ける虫)という意味からつけられたのです。





| コーヒーのこと | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
抽出で味は違う
「抽出で味は違うの?」と良く聞かれる事があります。

もちろん違います。それは器具によっても違いサイフォン、コーヒーメーカー、パーコレーター、カフェプレス、ドリッパー、ネルとさまざまです。

道具の数があればあるだけ味も違います。

そして当店では最もコーヒーの味が引き出せるドリップによる抽出ですが、ドリッパーによっても違うのです。



当店は「1つ穴式のメリタ」です。いろいろなメーカーを使い、僕の求める香りが最も引きだせるので採用しました。


そしてこちらは「円錐形のコーノ式」です。さっぱりしていてコーヒーの上質な酸味を味わうにはとても良いと思います。

ざっと2種類のドリッパーの味の違いを書きましたが、ドリッパーだけでもかなりの種類があってその数だけ味わいは違います。

また抽出の温度、スピード、粉の挽き方で味は違います。

ですから僕は自宅でコーヒーを入れる時は、コーヒー豆の特性をみてドリッパーを変えたり、抽出速度を変えて楽しんでいます。


| コーヒーのこと | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0)
秋の目玉第2弾カップオブエクセレンスニカラグア・コフラディア農園


昨日に引き続き、今日は目玉企画第2弾のカップオブエクセレンス・ニカラグア・コフラディア農園(11/17〜発売)について紹介します。

9/9のブログのタイトルで「スペシャルティコーヒーオリジン」と書きました。

それについて少し書きたいと思います。



見づらいと思いますが、コーヒーを評価する時の「カッピングフォーム」です。スペシャルティコーヒーが普及する以前はこういう詳細な評価はされていませんでした。

ですが、コーヒーの品質を高めていく上ではカッピング(評価)は欠かせないと試行錯誤を繰り返しこのカッピングフォームが出来上がりました。

そしてこちらのフォームで点数が付けられるのですが、まずスペシャルティコーヒーは80点以上でなければ認められません。

そのスペシャルティランクの中でも85点以上がカップオブエクセレンスに選ばれるのです。これを「スペシャルティコーヒーオリジン」といいます。

そして90点以上のスコアを付けた豆は「スペシャルティコーヒーレア」といいカップオブエクセレンスの中でも上位5位ぐらいまでです。

スペシャルティコーヒー自体が生産量の5%未満であり、こういった品評会に入賞する豆は生産量の1%未満なのです。

その世界のトップオブトップのクオリティであるカップオブエクセレンス・ニカラグア・コフラディア農園をぜひご賞味下さい。

カップ評価はべりー系のフレーバーと豊かなボディが特長です。

あと少し余談になりますが「スペシャリティコーヒー」と呼ぶ方がいますが、正しいのは「スペシャルティコーヒー」です。僕自身は拘りませんが、スペシャルティコーヒーが誕生したのがアメリカのため発音が「スペシャリティ」ではなく「スペシャルティ」となるのです。
| コーヒーのこと | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0)
ナショナルアワード・ルワンダ・ンコラ農園


ナショナルアワードと聞いて「何それ?」と思われる方が多いと思います。

カップ・オブ・エクセレンスは当店が開店以来、毎年限定的に扱ってきて、現在世界で一番大きな品評会であることはコーヒー通の方なら言わずとも知れた豆です。

ナショナルアワードはそのカップオブエクセレンスに惜しくも選ばれなかった豆なのです。

いわば敗者です。ですがただの敗者ではありません。

カップオブエクセレンスの品評会にエントリーされるまでに数百の農園が脱落しているのです。

数百もの農園が参加
  
  [予備選抜] 
    
    ↓

  [国内審査]

   第1審査
   
    ↓
   
   第2審査

    ↓  

  [国際審査] 

   第1審査
   
    ↓
   
   第2審査

    ↓
[カップオブエクセレンスの称号授与] 

こういう流れでカップオブエクセレンスは決定されます。

カップオブエクセレンスの称号に輝くのは数百のうち20〜30品しかありません。

まず国際審査にエントリーされる豆は50農園ぐらいしかありません。

ナショナルアワードは国内大会を勝ち抜いてその50農園の1つに入った、国際審査員に認められた豆なのです。

ルワンダ・ンコラ農園はレモンやブラッドオレンジといったフレーバーがあってキレの良いすっきりとした味わいが特徴です。

発売は10月27日からとなっています。ぜひ楽しみに待ってください。

| コーヒーのこと | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0)
スペシャルティコーヒー・オリジン?発売決定
秋に向けて品評会入賞豆と国内大会入賞豆を抑えました。

予定では10月以降の発売になります。今回はニカラグアのカップオブエクセレンスのコフラディア農園とルワンダのナショナルアワードのンコラ農園です。

開店以来よりずっと「おいしいコーヒー」に拘ってスペシャルティ専門で扱い、その中で世界最高品質のカップオブエクセレンス、ベスト・オブ・パナマの販売に力を入れてきました。

発売当初は価格が高いため手にとって頂くことも避けられましたが、飲んで頂いたお客さんには毎回リピートして頂き、さらにはそのお客さんがお友達に広めてくださっています。

今では発売開始以前に予約販売で沢山注文を頂き、即完売となっています。

スペシャルティコーヒーはまだまだ流通量が5%未満と少なくその中でも品評会に入賞する豆(これをスペシャルティコーヒーオリジン、スペシャルティコーヒーレアといいます)は流通量1%未満です。

新しいコーヒーの価値観を味わってみてください。

豆の詳細は後日こちらのブログにアップします。

なおカップオブエクセレンス、ナショナルアワードは店頭のみの発売になります。
| コーヒーのこと | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0)
ハカ
いよいよ9/10(土)1:53〜日テレ系列でラグビーワールドカップのオープニングゲーム、ニュージーランド×トンガの試合が放映されます。

優勝経験のあるニュージーランド(オールブラック)とこちらも強豪国のトンガの対決です。

そこでまず注目してもらいたいのが試合前の踊り「ウォークライ(WarCry)」です。

あまり聞いたことの無い言葉だと思いますが、オールブラックスのウォークライ(ハカ)は時折CMやテレビでパロディとして扱われたりすることがあり見かけたことがあるかもしれません。

ハカの由来はマオリの戦士が戦いの前に踊るもので、手を叩き足を踏み鳴らして叫び、自らの力を誇示し、相手を威嚇するものです。

そして詞の内容(カマテバージョン)は「死をも覚悟して戦う」といった感じです。

僕は生でハカを見たことがありませんが、オールブラックスが国際マッチでハカを踊る姿をテレビで見て鳥肌がたちました。

それぐらい迫力があるのです。

ラガーマンじゃなくても必見です。ぜひ見てください。

ちなみにハカ(カマテ)がYou Tubeにありました。
http://www.youtube.com/watch?v=56Hb632BCCw&feature=related


| その他 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0)
お知らせ
ここ何日間で秋を感じさせる天候となりました。

日中は少し暑いものの朝晩は涼しさを感じます。

今日はその天候もあってコーヒー豆をお買上いただくお客さんが多く来店してくれました。

この時期はアイスコーヒー用の豆を半分、ホット用の豆を半分といった感じでお買い求めいただくお客さんが多いです。

僕として焙煎する量が多くなるのでやりがいがあります。

これから本格的にコーヒーがおいしく感じるシーズンとなっていきます。

そこで皆様にお知らせがあります。

2010年後半よりコーヒー豆は高騰を続けて、連日テレビ、新聞、雑誌を賑わせてきました。

各社は値上げ、内容量の減量で対応してきました。

現状は今年5月のピーク時より少し下がり、高価格で安定していますが10月の新豆が入荷する頃から価格の上昇が予想されています。

そこで当店では10月から店頭販売のみですが、まとめ買いによる割引率を下げさせて頂くこととなりました。

従来の300g以上で20%OFF→15%OFF、500g以上で30%OFF→25%OFFとなります。

どちらも5%下げさせて頂くこととなりました。実質1杯あたり約2円の値上げとなります。

「低品質の豆を提供し価格を維持」する事は出来ますが、私の考えには合いません。

スタンダードランクの豆を使用し価格を抑えることは出来ますが、高品質な豆をお手頃に提供することをモットーとしているため止む無く値上げさせて頂く運びとなりました。

豆や焙煎堂では、今後も高品質でおいしいコーヒーをお届けしてまいりますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。



1.対象商品:コーヒー豆
2.改訂実施日:平成23年10月1日(土)〜
3.改定内容 300g以上お買上で20%OFF→15%OFF、500g以上お買上で30%OFF→25%OFF

なおネット販売価格は据え置きです。
| コーヒーのこと | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0)
広島風お好み焼き

今日は頂いていたカープソースがあったので広島風お好み焼きを作りました。

僕の家では母が広島人ということもあってお好み焼きがよく食卓に並びます。

ただし、ここからは僕の勝手な統計ですが、広島人は家では関西風を作っています。

広島人の母や伯母さんの家、お友達の家などでお呼ばれした時出してもらったのは関西風だったのです。

そして、その理由を聞くと「広島風は技術がいるけぇ」との事。

関西風もそうですが、広島風は特に生地をしっかり寝かさないとあのクレープ状は出来ないし、しっかり時間を掛けてキャベツを蒸し焼きにしないとおいしくないですね。

愛媛人の父と広島人の母のハーフ?である僕は関西風の混ぜ焼きも好きだし、キャベツの甘さがおいしい広島風も好きでどちらも作ります。

皆さんはどちらがお好みでしょうか?(ギャグではありません
)


| 料理 | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0)
麻袋がなくなる日?!


麻袋はコーヒーの専門店で見かけたことのある方も多いと思います。

麻袋は国によって違いますが、60kg〜70kg詰められて世界に出荷されています。

やはりそれだけの重量の豆を入れるため、丈夫な麻の袋が採用されています。

ただしこの麻袋には弱点があるのです。

それは温度、水分、酸化です。麻袋はどうしても密閉されておらず水分を吸収する素材のため保存には適していません。

現在スペシャルティコーヒーの誕生から生豆の品質はどんどん良い物が出てきました。

一部ですがそれに伴って品質をしっかり保持するための包材も出てきています。(スタンダードランク=低品質豆は麻袋のみです)


グレインプロ(穀物用のビニールパック)やバキュームパック(真空パック)などです。

どちらも水分や酸化を避けられ熱にも強いため長期の豆の保存に適しているのです。

どんどんおいしいコーヒーが提供出来るのがとても嬉しく思います。

| コーヒーのこと | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
元ラグビー日本代表がTV出演
今から(11時〜)日テレで「心ゆさぶれ!先輩ROCKYOU」に元日本代表の大畑選手と大八木選手が出演します。

ワールドカップに向けてのPR活動だと思いますが、ラグビーの基本、スクラムについて語ったりするみたいです。

興味のある方はぜひ見てください。
| その他 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0)
警戒が必要ですね


まもなく台風が愛媛に上陸します。

すでに新居浜の一部地域では避難勧告も出ています。

これからますます警戒が必要です。

| その他 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0)
明日は台風か

午後からこの曇天となりました。

明日上陸する台風の影響でしょう。

おそらく仕事ものんびりできると思います。

しかし今年は雨がよく降ります。松山はいつも水不足分なので少し解消したのではないでしょうか。

かの台風一過で涼しくなっていくと嬉しいのですが…。

| その他 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2011 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE