豆や焙煎堂 店長日記

〜コーヒーのこと、いろんなこと〜
暑い!熱い!
今日は朝から卸し先の豆が何件かあり、また一般のお客さんも多く来店してくれたので焙煎機を回しに回しました。

焙煎機を回していると、室温は30℃付近まで上がり、汗がにじみ出てきます。

しかしそれ以上に熱いのが、モカイルガチェフの香りです。

コンスタントに人気のあるイルガチェフですが、特に今日は集中して出ました。

また実際に今年の出来具合いはここ3年ぐらいで一番良い出来だと思います。

良い豆が入ると職人魂を強くくすぐられます。

いつも気合が入っていますが、さらに気合が入るものです。

「モカの酸味が苦手」とイメージを持っている方も多いですが、騙されたと思ってイルガチェフの良い香味を味わってみて欲しいです。
| コーヒーのこと | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0)
風邪をひいてラッキー?
24日に少し喉に違和感があり、次の日朝起きると既に熱がでて風邪をひいてしまいました。

いやーしかしラッキー?でした。

今日にはもう治りかけているので3月8日発売のハワイカッピングコンテスト優勝のラスティーズハワイアン農園の焙煎を鼻の状態がベストコンディションで取り組む事が、できるからです。

修学旅行を待っている中学生?のような気持ちです。

待ち遠しいです。


| コーヒーのこと | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0)
モカ・ホワイトキャメルが残りわずかとなりました


好評のイエメン・モカ・ホワイトキャメルが残りわずかとなりました。

今年もこの豆を扱ってとても良かったと思います。

2袋(40kg)と去年の2倍ほど仕入れましたが、皆さんに気に入っていただけてハードーリピーターの方も多かったです。

来年のロットに出会えるのが待ち遠しいです。

イエメン・モカ・ホワイトキャメル残りわずか。ご興味のある方はお早めにお求め下さい。
| コーヒーのこと | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0)
もう食べましたか?

もはやお取り寄せグルメの定番「霧の森大福」です。

何でもインターネットでは数ヶ月待ちだといいます。

でも地元愛媛の新宮に行くと購入することが出来ます。

全国の皆さんも愛媛に来た際は新宮によられてみてはいかがですか?




| グルメ | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0)
コロンビア集中テースティング
現在扱っているコロンビア・サンチュアリオ農園の国内在庫が切れ、4月入荷予定のため、おそらく当店の在庫も4月までには切れそうなので、代用のコロンビアの品質を見る目的でさまざまなコロンビアをテースティングしています。

コロンビア・サン・アグスティン

コロンビア・モカ ラ・パレスティナ

コロンビア・ウィラ・カネイ

コロンビア・カチャル

どれも不満のない品質ではありますが、サンチュアリオ農園のピンチヒッターということなので香味の似た豆が大前提です。

そういう意味ではどれも不適格ですね。

しかし、安定した仕入れはスペシャルティコーヒーを扱う者の尽きない悩みですね。

だからこそ魅力もあるのですが・・・。
| コーヒーのこと | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0)
ハワイ優勝農園ラスティーズハワイアンの焙煎度が決定しました


3月8日から発売するハワイ・カッピングコンテスト優勝のラスティーズハワイアン農園のサンプル焙煎を行いました。

シティよりのハイローストで仕上げたのですが、ちょうど酸味と香りのバランスが良く出来ました。

これで焙煎度が決定しました。

今日で3度目のテースティングをしましたが、そのフルーティな香りに惚れ惚れしてしまいました。

乞うご期待です。
| コーヒーのこと | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0)
HOLD YOUR LAST CHANCE!
『HOLD YOUR LAST CHANCE』これは長渕剛さんの曲です。

この曲は記憶に新しい「球界の番長」清原和博さんが巨人時代、選手人生初の2軍落ちを経験し、底から這い上がるときに心の支えとなった曲です。

HOLD YOUR LAST CHANCE。文字通り、最後のチャンスをものにしろという曲です。

この曲は僕も大好きな曲です。

そして、この曲を聞いて欲しい人がいます。

それは河内貴哉投手です。ピンと来ない方も多いと思います。

カープっ子ならご存知だと思いますが、河内投手は1999年のドラフト1位でカープに入団。

高卒ルーキーで先発を任されその年に初勝利を挙げ、2004年には8勝をマークし、将来を嘱望された選手でした。

そのしなやかな背筋と腕の振りから繰り出される150km/hを越えるストレートに僕もワクワクせずにはいられませんでした。

ですが、フォームが安定せず修整に次ぐ修整で調子を崩し、2008年には左肩の故障、手術。

ついに2009年には育成選手契約になりました。

その将来カープのエースとして嘱望され、地獄に落ち、底から這い上がろうともがいている男の記事がネットのニュースで紹介されていました。

河内投手僕はあなたがまた1軍のマウンドで投げる姿を夢見ています。

そしてこのHOLD YOUR LAST CHANCEの歌詞を紹介したいと思います。



HOLD YOUR LAST CHANCE 作詞・作曲 長渕 剛

傷つき 打ちのめされても
はいあがる力が欲しい
人は皆 弱虫を
背負って生きている

にがい涙を かじっても
ほほえむ優しさが欲しい
君が愛に しがみつくより
先ずは 君が強くなれ

Hold Your Last Chance
小手先ではがれ落ちる美しさより
Hold Your Last Chance
ひとつぶの汗の方がいい
二度と走れぬ坂道を上ったら
Hold Your Last Chance

誰かが 人生でつまづいたら
さしのべる思いやりが欲しい
人は皆 淋しさを
背負って生きている

頬を突き刺す怖さがあっても
立ち向かう勇気が欲しい
曲がりくねった迷路で
真実の自分を探すんだ

Hold Your Last Chance
テーブルに飾られたバラより
Hold Your Last Chance
野に咲く れんげ草の方がいい
二度と走れぬ坂道を上ったら
Hold Your Last Chance
Hold Your Last Chance


河内投手。待っています。
| その他 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0)
嬉しい来客
いつも当店には色々な方が来店してくださり、「美味しかったよ」「またくるね」などと声を掛けてくださり、本当に嬉しくありがたい気持ちに満たされます。

そして、そのなかでも忘れられない特別な感情を抱くお客さんがいます。

そんなお客さんの一人が今日来店してくれました。

そのお客さんは僕より一回り年下で、現在京都の国立名門大学に通う大学3年生です。

約5年前。当店がオープンして半年を迎えようとしていた頃。雨の日の出来事でした。

お店の軒先に雨合羽を着て自転車に跨った高校生がふと止まりました。

お店のお客さんの年齢層ではないので「雨宿りかぁ」と思って見ていました。

そうしたら直後、合羽を脱ぎお店に入って来たのです。

僕「いらっしゃいませ」

彼「豆をわけてくれませんか?」

僕「ご両親のお使いですか?良いことですね」

彼「いいえ。僕が家で飲ませていただく用です」

僕自身自家焙煎店に通い始めた当時が20歳の時でしたが、周りの同世代の友人に「大人だなぁ」といわれたりしていたのでとても少数派だったと思います。

それなのに高校生の青年が自分用のコーヒーを少ないお小遣いの中から当店に求めに来てくれたのですから、とても感激しました。

また、持っているカバンを見ると野球部の所属だったので、僕の野球好きが講じて「君、○高の野球部なんだ?」から始まり野球の話で盛り上がりました。

そして、彼もとても当店を気に入ってくれて、毎月1回のペースで来店してくれて彼が高校卒業まで続きました。

そして京都の大学に行ってからは夏休み、冬休みには来店してくれて今でも続けて来店してくれているのです。

僕がお店を始めたのが20代後半。今年33歳です。

そして彼が初めてお店にきてくれたのが10代の後半。現在大学3年生の21歳。

当店が彼の人生の一部に携われているのをとても嬉しく思います。

今日は彼が自分の夢について語ってくれて「研究者になりたい」と言っていました。

夢を持って突き進んでいる若者を見て、自分の事のように嬉しく思いました。

M君いつもありがとう。
| その他 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0)
お陰さまで予約が入っています

先日ハワカッピングコンテスト優勝のラスティーズハワイアン農園の発売が決定してから早くも6件の予約を頂いています。

現段階で2kg以上予約で出るので、売り切れるのもあっという間だと思います。

気になる方はお早めに。

問い合わせは0897-36-3091までお願いいたします。

| コーヒーのこと | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0)
コーヒーには突き詰めていく魅力がある!
先ほどTBSで放送されていた「世界不思議発見」をみていました。

今回はレユニオン島ということで、コーヒー通の方にはご存知幻の品種ブルボンポワントゥの話も含まれていました。

そしてブルボンポワントゥといえばホセさんこと川島良彰氏も番組に出ていました。

川島良彰氏はエルサルバドル国立コーヒー研究所でコーヒー栽培を研究。

レユニオン島では絶滅したとされていたコーヒーの品種「ブルボン・ポワントゥ」を復活させました。日本でただ1人品種から栽培を手掛けられるコーヒーハンターなのです。

僕もこの川島氏に惚れ、川島氏の手掛けたエルサルバドルのピンクブルボンを当店で販売させて頂きました。

僕はコーヒー好きが講じてこの業界に入りました。

おいしいコーヒーを飲むためにはどうすればよいかを常に考え、抽出はドリップをいかにうまく行うか、また焙煎は最適な煎りあげの状態にするかなど。突き詰めていくと底がありません。

そして最も魅力的なのはやはり素材なのです。

まずは最高の素材がないとおいしいコーヒーは求めることが出来ません。

僕は今まで約400種類の豆を試してきました。その中で「素材」の重要性に気づきました。

そして素材といえば産地、品種、精製方法に至るまで拘って生産されているスペシャルティでなければならないということが分かりました。

さらに突き詰めていくと自分で豆を手掛けてみたいと思うのです。

ホセさんがしている仕事はそういう仕事なのです。流石です。

| コーヒーのこと | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0)
ご入り用ではないですか?

プロレス大好きの師匠から「これ買わない?」といってもらいました。

何を隠そうスペルデルフィンさんのマスクです。

我がプロレス師匠はデルフィンさんと大の仲良しで、デルフィンさんが実際に被ったマスクを提供してくれたそうです。

みなさんご入り用ではないですか?

気になった方は0897-36-3091までお願いいたします。


| その他 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0)
早速予約頂いています


昨日発売が決定したハワイ優勝農園ラスティーズハワイアン農園ですが、早速4件の予約を頂いています。

こちらの豆は9kgしかありませんので即完売は必至です。

僕が豆を仕入れる時にモットーとしていることがあります。

それは品質に見合った価格で提供できるかです。

否定的に書いてしまって申し訳ないのですが、ハワイのコナコーヒーは品質が良いですが、それに見合った価格かというと僕にとっては疑問を持たずにいられません。

ですが、このカウ地区のラスティーズハワイアン農園の豆は販売価格は1000円を越えるものの、品質に見合う価格というよりもお得感さえあると思います。

僕もこれまでテースティングしてきた約400種類のなかでも指折りの品質です。

1度この品質のコーヒーを飲んで頂くと、一生のうちでもきっと忘れられないコーヒーになると思います。

即完売となると思います。興味のある方はご予約承ります。

お問い合わせは0897-36-3091まで

| コーヒーのこと | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0)
3月8日優勝農園がやってきます!

ハワイ島といえばコナが有名で高く評価されていますが、カウ地区は品質の高い豆を生み出しているものの生産ロットが少なく、世界的には普及していません。

ですが2007年、カウコーヒーの質の高さがカッピングコンペ6位9位に入賞しました。

また、同時にラスティーズハワイアン農園が、SCAAでハワイ/アジア/インドネシア地区のトップ7農園にも選出されました。

そしてついに2010年ハワイ・カッピングコンテストで優勝を成し遂げたのです。

カウコーヒーの快挙を聞いた僕は早速サンプルを取り寄せました。そしてひと口飲んでそのフルーティさに心底惚れ込んでしまいました。

そこで迷うことなく優勝ロットの22.7kgのうち9kgを押さえました。本当にとても貴重な豆です。

「この豆は僕の手で焙煎をしたい!」
そんな想いにさせてくれる豆です。

コーヒー業界に携わって7年ですがこのような品質の豆は出会うことはなかなかありません。ぜひ試して頂きたいです。

| コーヒーのこと | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0)
ちょっとしたお役立ち情報


何も書くことがないので僕が卵屋さんの社長から聞いたお役立ち情報を書きます。

卵の賞味期限と保存についてです。

卵ってすぐ痛むイメージがあると思うのですが、実は冷蔵庫に入れておけば3週間ぐらいは生で食べてもおいしく食べられるそうです。

また加熱調理するのであれば2ヶ月ぐらいはおいしく食べられるのです。

そして保存についてです。

保存温度は10℃以下に保ち、とがった方を下にすると良いです。

これは丸い方よりもとがった方が強度が強いことと、丸い方には空気の入った気室という部屋があるので、卵が古くなり卵黄が浮かんできた時に、卵黄が直接殻に触れるのを防いでくれるためです。

殻には小さな穴(気孔)があり、そこから炭酸ガスが早く抜けていくため、鮮度が急激に落ちてしまうのです。

そういえばスーパーで買って帰って、パックを良く見るととがった方が全部下になっていますね。

ちょっとしたお役立ち情報でした。

ちなみに今日はこの卵を使って玉子スープを作りました。
| その他 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0)
コーヒー教室in 婚活パーティー終了しました
婚活パーティーのイベントで招いて頂きコーヒー教室をしてきました。

僕と同世代の方々の印象で、男女5人ずつのイベントでした。

当店の開くコーヒー教室に参加していただく方は大体が僕よりも年齢層は上の方が多いので、とても新鮮味がありました。

正しいコーヒーの知識を学んで頂き、さらには少しばかり婚活パーティーに花を添えられたのであれば幸いです。
| コーヒーのこと | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0)
明日はコーヒー教室in婚活パーティ
明日は婚活パーティのイベントに呼んでいただいたので、コーヒー教室を行ってきます。

僕も32歳の独身男。

参加する側でもおかしくないのですが、おいしいコーヒーの入れ方の伝道師となってきます。
| コーヒーのこと | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0)
ありがたいです

ありがたい事に、こんな僕でもお客さんからバレンタインのチョコレートを頂きます(義理です)。

そこで自慢ではなくとても美味しかったのでご紹介します。

「デメル」というウィーンのショコラのお店です。

早速頂きましたが、とてもユニークだと思ったのはウィスキーボンボンならぬウォッカボンボンが最高に美味しかったのです。

ウォッカならウィスキーみたいにチョコレートの香りを消すことがなく、また甘味がすっきりと感じるのです。

思わず濃厚でビターな大人の味わいに酔いしれてしまいました。

本当にありがとうございます。

興味のある方はどうぞ。
http://www.demel.co.jp/index.html





| グルメ | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0)
テースティング
今日は2種類の豆をテースティングしました。


まずはコロンビア・ラス・マルゲリータス農園ゲイシャ種です。

注目のゲイシャ種。

パナマのエスメラルダ農園が伝説を作り、それ以来世界の農園主が自国でゲイシャ種の栽培に着手し、パナマ、マラウィ、コスタリカ、コロンビアと伝播しています。

僕も一応すべての国のテースティングをしましたが、中でも高品質なのがパナマとコロンビアです。というよりもパナマの品質に近いです。

このラス・マルゲリータス農園もやはり期待を裏切らない、トップクオリティの品質です。

パナマ・エスメラルダ農園やパナマ・カルレイダ農園にカップは似ていてモカ香があり、シトラスオレンジ、レモンも感じられます。

甘味もあり、酸味も心地良い。香りの余韻がとても強いです。

素晴らしい。の一言です。コロンビアゲイシャも世界を席巻していくことでしょう。



そして、最近テースティングに力を入れているハワイです。とはいってもマウイ島の豆です。


こちらはカアナパリ農園のモカ種のナチュラル。かわいい豆(画像右)です。

マウイ島のモカは以前もテースティングしましたが、今年の出来はとても良かったです。

代表的なコナとは違い、コクがあり、ほんのり酸味もあり、香りはナッティです。

スペシャルティにおいて及第点の品質でしょう。

当店でも扱ってはみたいと思いますが、ハワイは全体的に人件費が高いので豆は高いのです。品質に見合った価格かというと疑問です。

最後になりますが、当店に超目玉豆が入ってきます。

そちらについては後日書きます。






| コーヒーのこと | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0)
メンテナンスは重要

仕事が終わって靴磨きをしました。

靴はしっかり手入れをしてあげると数十年履く事が出来ます。

僕が高校1年生に初めて購入した革靴は今も現役で活躍しています。もうかれこれ17年目の付き合いになります。

焙煎機も同様でしっかりメンテナンスを施し万全の状態を保ってあげなければ、綺麗に煎り上げられません。

先日煙突掃除、排気口の掃除を行いました。

これからもずっと美味しい豆を煎るためのパートナーとして付き合っていかなければなりませんね。


| コーヒーのこと | 23:29 | comments(1) | trackbacks(0)
モカ・ホワイトキャメルがみなさんの手元に届くまで
今日は皆さんに当店のコーヒー豆が届くまでを説明したいと思います。

現在好評発売中のイエメン・モカホワイトキャメルを例にとって説明します。

.汽鵐廛襪鮗茲蟯鵑察▲董璽好謄ングを行う


まずは品質を見なくてはお客さんに提供できないので、サンプルを取り寄せ焙煎し、テースティングを行います。


モカホワイトキャメルの銘柄を生産している地区が3地区あるので、それぞれの地区の品質をしっかりチェックしなければなりません。

ハイマ・バニマタール・ライミ、この3地区でバニ・マタールの品質が一番良かったのでこちらを仕入れました。

▲魯鵐疋團奪を行い、煎りむら、味むらを防ぐ

しっかり欠点豆をハンドピックで取り除いてやり、煎りむらを防いで味むらを無くす。また石なども入っているためしっかりチェックします。

モカ・ホワイトキャメルは割れ豆、欠け豆が多いためハンドピックに沢山の時間を要します。

N習焙煎をしてベストポイントを探る


そして焙煎。でもここでも提供することはなく、それぞれの豆にあった焙煎度を探るため数回試し煎りをします。

に槹篝

焙煎度が決まったら、いよいよ販売用に焙煎します。

ちなみにモカ・ホワイトキャメルは香りと酸味のひきたつハイローストに煎りあげています。

ミ篝後のハンドピック


焙煎後もう1度ハンドピックを行います。

やはり煎りあげた後もハンドピックを行い味むらを防ぎます。

モカ・ホワイトキャメルは精製度が低く水分値がバラバラなため煎りむらが多いです。

ε稿に並べ、皆さんの手元に届きます

焙煎した豆は保存瓶に移して店頭に並べます。

そして皆さんの手元に届くのです。
| コーヒーのこと | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0)
コーヒー教室無事終わりました
コーヒー教室が無事終わりました。

ブレンドについてということで、少しマニアな話になりましたが、スタンダードランクのマンデリンG-1と当店のスペシャルティのマンデリンスマトラタイガーの飲み比べや当店の巧みブレンドと大手の業者が手掛けるブレンドの飲み比べは品質の違いを理解していただけたのではないかと思います。

もっとコーヒーの魅力が伝わっていけば嬉しいです。

参加者の皆さん拙い講義に付き合って頂きありがとうございました
| コーヒーのこと | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0)
明日はコーヒー教室
明日はコーヒー教室です。

講義内容は「ブレンド」です。ブレンドがおいしいの?、ブレンドの目的などについて講義して、スペシャルティコーヒーを使ったブレンドとスタンダードランクのブレンドの飲み比べ、また実際にブレンド創りをして頂きます。

少しマニアックな話になりますが、知って頂くとコーヒーのブレンドに対する価値観が変わると思います。

今回は新しい企画なので少し緊張しますが、張り切っていきます。
| コーヒーのこと | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0)
頂いたお団子と一緒に

お客さんからつぼや(うつぼ屋ではなく)の坊っちゃん団子を頂きました。

以前から「うつぼ屋ではなくて、つぼやがおすすめ」と聞いていて気になっていたので、とてもテンションが上がりました。

そして、あんこと相性の良いマンデリンスマトラタイガーと一緒に頂きました。

確かにあんの香りが良く、中の団子もうつぼやの物より強く存在感がありました。

コーヒーとお団子。ベストマッチです。

感謝です。

つぼや菓子舗
〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町14−23
089-921-2227
9:30〜22:00
休日: 火曜日(祭日の場合は翌日)


| グルメ | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0)
気温は冷え込みますが・・・。

明日は新居浜も気温が5度になるようですが、焙煎室は異常な暑さです。

ちなみに本日の焙煎室は28度をマークしています。

夏は40度になります。

暑い!!暑い!!

| その他 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829   
<< February 2012 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE