豆や焙煎堂 店長日記

〜コーヒーのこと、いろんなこと〜
カップ・オブ・エクセレンス入賞エルサルバドル・ディビサデロ農園残り500gとなりました


29日から発売しているカップ・オブ・エクセレンス入賞エルサルバドル・ディビサデロ農園も好評につき、残り500gとなりました。

興味のある方はお早めにお求めください。

| コーヒーのこと | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0)
明日カップ・オブ・エクセレンス入賞エルサルバドル・ディビサデロ農園発売


いよいよ明日カップ・オブ・エクセレンス入賞エルサルバドル・ディビサデロ農園の発売です。

コクと甘味と酸味の味わいが絶妙の豆です。

15kg限定となりますが、現在で6kg ほど売約済みで早い段階で完売となりそうなので、興味のある方はお早めにお求めください。


| コーヒーのこと | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0)
明後日発売カップ・オブ・エクセレンス入賞エルサルバドル・ディビサデロ農園

今日はお休みですが明後日発売するカップ・オブ・エクセレンス入賞エルサルバドル・ディビサデロ農園のサンプル焙煎をしました。

そして、テースティングを行いました。

率直な感想として非常に面白い豆です。

酸味とコクと甘味が高いレベルで混在しているのです。

香りもキャラメル、アプリコットなど感じますが、強烈な印象のものではありません。

どの豆も酸味、コク、甘味、苦味と全部のバランスが高く混在しているものは以外と少ないのです。

明日は予約分の焙煎を行うのでいかに仕上げられるか楽しみです。


午前中サンプル焙煎とテースティングを済ませ、お昼ご飯を壬生川のそばの名店「喬亭はる」さんにご飯を食べに行きました。

稲井社長の打つそばはとても強く、おつゆも濃厚で大好きです。

昨年の11月に訪れて以降行けていなかったので、久しぶりに社長のそばを食べられて大満足です。

稲井社長はとてもコーヒーに詳しく、お店が空いていたらドリップコーヒーを出してくれたりするのですが、淹れ方もプロ級。本当に美味しい。

今日は僕が食べているころにはとても忙しくなっていたので、挨拶だけして早々に帰ろうとしていたら「今おすすめのコーヒーある?」と聞いてくれたので「カップオブエクセレンスありますよ」とお伝えすると「じゃあ買いに行くわ」と予約いただきました。

カップ・オブ・エクセレンス入賞エルサルバドル・ディビサデロ農園は15kg限定です。

興味のある方はお早めにお求めください。

| グルメ | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0)
散髪でリフレッシュ
今日は仕事終わりで、友人の順君が経営する美容院「アンバーグローブ」に髪を切りに行きました。

髪が伸びていると、とても不快感があるのできっちり月に1回行くようにしています。

髪を切るととてもさっぱりして気持ちが良い。

さらには順君とは高校の頃からの友人で、互いに自営業者であり、職人仕事なので何でも話せることが出来て心のリフレッシュも同時に出来るのです。

順君が独立してお店を作り、このようなリラックス出来る空間があることに感謝しています。




| その他 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0)
コーヒーのぶっちゃけ
TBSテレビ『ジョブチューン』に丸山珈琲のバリスタ世界チャンピオン井崎英典バリスタが出演していました。

そこで「ぶっちゃけ」られていたのがブルーマウンテンは高級コーヒー豆の代名詞になっているが、出荷量の約8割以上が日本で消費されていて、海外ではほとんど飲まれていない。
ブルーマウンテンはジャマイカのブルーマウンテン山脈の800〜1200メートルのある限られたエリアでしかできない。との内容です。

コーヒーの専門店に携わっている者には周知の事実ですが、一般的には知られていないだろうと思います。

そこで、僕なりにブルーマウンテンの豆知識に乗っかって一つ。

ブルーマウンテンは何故か生産量の3倍ほど日本に入って来ているのです。

生産量を超える輸入量があるという怪奇現象。摩訶不思議でしょう!?

これは山脈の800〜1200メートルで作られるブルーマウンテンの他のエリアの中部山岳地帯北斜面でハイマンテン、南斜面でプライムウォッシュが混ぜられている証拠です。

ですからブルーマウンテンも農園指定の物でないと本物は飲めないです。

あと淹れる器具についてのぶっちゃけですがフレンチプレスとペーパードリップについても触れていました。

「ペーパードリップでも美味しいがフレンチプレスなら、甘さや香りなどが詰まっているコーヒーオイルと言われるコーヒーの油分を余さず抽出できる。」

こちらについてはどちらの器具も一長一短があるので、ユーザーの皆さんがその特徴を考えて採用するのが一番だと思います。

ちなみにプレスは「コーヒーオイルと言われるコーヒーの油分を余さず抽出できる」と井崎バリスタがいわれるように利点があります。

ただ欠点は金属のフィルターなので濾す機能が低く粉のざらつきがあり、ドリップをしていないので雑味も多く含まれる抽出液のまま味わうことになります。

スペシャルティコーヒーという雑味が少なく品質が高い豆が普及してきたので、プレスを採用するお店が多くなりました。

また、プレスは誰が使用しても安定した味が出せることも利点です。

現在も多くのお店で使用されているサイフォンも誰が使っても同じ味が出せるという利点を持っています。ただサイフォンの最大の欠点は沸騰させてしまうため香りが飛んでしまい、苦みが強く残るのです。

一方のペーパードリップはコーヒーの抽出は美味しい成分が先に溶け出して落ちていき、後半に雑味が落ちていくため美味しい成分だけが引き出せることが利点です。

ただ、ペーパーは密度が濃くオイル成分も濾してしまう。少し旨味を取ってしまうのです。

ですからペーパーよりも密度が薄いネルドリップがオイルも抽出され、一番美味しいといわれる理由です。

そして、ペーパードリップを採用するお店が少ない理由でもあり、最大の欠点。

それは、「手間と技術」です。

ペーパードリップは使う人の技術で味が変わります。正しい扱い方が出来ていないと味が半減してしまいます。ですから僕はさらに美味しく飲んで頂くためにずっとコーヒー教室をさせて頂いているのです。

そして「手間が掛かる(時間、人の手が掛かる)」ことです。これはお客さんには関係の無い話で、提供するお店の話です。

プレスは誰でもお湯を注いでお客さんに渡せば、あとはお客さんが自分で抽出します。

そのため作業効率が良いのです。

ドリップは1杯1杯時間を掛けて抽出するため、他の作業が出来なくなります。

当店のような小さいお店でコーヒー以外の物を提供していないお店ならばお客さんに1杯1杯ハンドドリップが出来ますが、大きい規模のお店で飲食に力を入れているお店なら専門のスタッフを1人雇わないとお店が回らなくなります。

ここらへんの理由はコーヒーが美味い、不味いではなくお店の運営になるのですが、現実的な話としてそこのお店が「コーヒー」に重きを置くか、「その他のサービス」に重きを置くかで考えが変わります。

簡単にいえば同じお肉を提供するお店でも「シェフが焼いてくれるステーキハウス」か「お客さんが自分で焼く焼肉屋」の違いです。

ただコーヒーはステーキ、焼き肉のような何千円という価格の飲み物ではないので、ペーパーまたはプレスを採用する店が各々の考えで努力をしていかなければなりません。

関係の無いお店の運営まで書いてしまいましたが、どの器具で提供するかということはコーヒーの淹れ方にも関わることです。

長々と書きましたが、どのような器具にも一長一短があるので、その特徴をしり色々なコーヒーの楽しみ方をして頂きたいです。







| コーヒーのこと | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0)
美味しいもの

沖縄旅行に行かれていたお客さんから、お土産を頂きました。

沖縄のスイーツのお土産といえば、紅芋タルト、ちんすこう、サーターアンダギーを頂くことが多いです。

今回頂いたのが黒糖スイーツの専門店「かなさ」が手掛けるさとうきびを使った黒糖とその黒糖でコーティングされている黒糖ピーナツです。

黒糖のコク深く、ブラウニーにも似たチョコレートのような香りと苦味は最高ですね。

緑茶とのペアリングもマッチしますが、コーヒーで頂きました。

言わずもがなコーヒーにも最高にマッチしました。

美味しいものとの出会いを頂き感謝です。


| グルメ | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0)
やはりカープが熱い
何でもカープの年間シート約8000席が初の完売となったそうです。

年間シートは最低約10万円〜なので球団としてはとてもありがたいことでしょう。

この年間シート完売の理由は勿論「メジャーリーガー黒田博樹選手」の復帰です。

20億円を蹴って4億円で我が広島カープに来ていただいたのですから、カープファンは黒田選手を近くで応援したいと思うのは当たり前ですね。

かくいう僕も新居浜のNo.1カープファンのふじた歯科の藤田先生が4月に企画している坊っちゃんスタジアム観戦ツアーに参加予定です。

久々の観戦になるのでテンションが上がっています。

| その他 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0)
カップ・オブ・エクセレンス入賞メキシコ・ウエウエテクパム農園残り約3kgとなりました


15日から発売しているカップ・オブ・エクセレンス入賞メキシコ・ウエウエテクパム農園も残り約3kgとなりました。

興味のある方はお早めにお求めください。

| コーヒーのこと | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0)
カップ・オブ・エクセレンス入賞メキシコ・ウエウエテクパム農園残り半分となりました


15日から発売するカップ・オブ・エクセレンス入賞メキシコ・ウエウエテクパム農園も好評で残り半分となりました。

カップ・オブ・エクセレンス入賞の豆は毎年出会える豆ではなく一期一会です。

ただこのメキシコ・ウエウエテクパム農園は毎年会いたくなるような豆です。

この豆の焙煎は焙煎士として難易度の高さに驚いています。

この豆は何百回という単位で焙煎したくなるような豆です。

何とか及第点は得られるような焙煎は出来ていますが、この豆の100点はとても難しい。

ただでさえ100点という焙煎は年に数回しか出来ないものですが、おそらくこのウエウエテクパム農園の100点は何年も続けて焙煎していないと出会えないのではないかと思うほど難しい豆です。

その分魅力も半端じゃないですが・・・。

そのウエウエテクパム農園も残すところあと半分となりました。

興味のある方はお早めにお求めください。
| コーヒーのこと | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0)
やっぱり美味しい

去年お取り寄せし、とても美味しかった小太郎みかんを今年もリピートしました。

小太郎みかんは樹上で完熟させて、甘味を最大に蓄えて出荷されるJA西宇和が手掛けているブランドです。

小玉ですが、甘味と味が凝縮されていて最高に美味しいです。

愛媛の柑橘類は最高ですね。

2月にはせとかが届くのでワクワクしています。


| グルメ | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0)
アドバイザー
常連のTさんは当店にとって最高のアドバイザーです。

プロとして仕事をしているとお客さんがどう感じているか、分からなくなることが多いです。

当店の主な業態は豆売りです。

ありがたいことにリピーターさんもついてくれて当店は成り立っています。

味だけで商品が売れるわけではないですが、やはり当店の味がお口に合わず去っていく方もいることは事実です。

そこで、重要なのは意見を頂けることです。

ただ去っていく方からはなかなか意見は聞けないものです。

先述した常連のTさんはいつも意見を下さり、僕が気が付かないマニアな視点、また一般の方の感覚もバランス良く持っている方なので、いつも参考にさせて頂いています。

僕もコーヒーである前にいちコーヒーマニアなので色々な事を試してみたいのです。

今回もTさんから「ハンドピックした豆としていない豆どれだけ違いかありますか?」と質問を頂いたので、「同業の方から聞いた話ではカビ豆と虫食い豆は味の劣化が如実に出ると聞きましたよ」と答えました。

ただ自身の体験談ではないので、答えづらいものです。

そこで、現在コロンビア・ティピカの欠点豆だけを集めて焙煎しようと試みて、欠点豆のみをせこせこ日々集めています。

あと1ヶ月ぐらいで実現を目指しています。

地味ながら期間2ヶ月のプロジェクトなのです。

実験結果はまた書きたいと思います。



| コーヒーのこと | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0)
本日カップ・オブ・エクセレンス入賞メキシコ・ウエウエテクパム農園発売


本日からカップ・オブ・エクセレンス入賞メキシコ・ウエウエテクパム農園発売開始です。

予約分と店頭販売分で6kgほど焙煎しましたが、何とも焙煎士泣かせの豆です。

ハンドピックをしていても分かるほどバラつきのある豆で、焙煎をするとそのバラつきがベストポイントで煎りあげる邪魔をします。しかも火の通りが悪い。

技術論は難しいのでこれ以上書きませんが、とにかくやりがいのある豆です。

ただ、うまくいくと素晴らしく豊潤な香りを放つ良い豆です。

正直限定ではなくずっと焙煎してみたい豆です。

カップ・オブ・エクセレンス入賞メキシコ・ウエウエテクパム農園15kg限定です。

興味のある方はお早めにお求めください。

| コーヒーのこと | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0)
明日カップ・オブ・エクセレンス入賞メキシコ・ウエウエテクパム農園発売


いよいよ明日からカップ・オブ・エクセレンス入賞メキシコ・ウエウエテクパム農園の発売です。

ハイビスカスの花の香、とても質の良い酸味が秀逸です。

15kg限定なので興味のある方はお早めにお求めください。


| コーヒーのこと | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0)
最高の癒し
僕の一番の癒し。当ブログを読んで頂いている方はご存知だと思いますが「食べる」ことです。

そして、大好きな空間(お店)で食べることが最高の癒しです。

今日は僕が大好きなお店「佐々木」さんで昼御飯を食べてきました。



大将の料理の腕は言わずもがなですが、大将、女将さんのの人柄も好きで通っています。

また、面白いことに女将さんは元コーヒー業界で働いていた方で、喫茶店、カフェというサービス業ではなく、大手ロースターのトーホーコーヒー(グループの売上2000億以上の企業です)に勤めていたのです。

そこでカップテイストなどもよくしていたそうで、かなりコーヒーに詳しいのです。

今日も15日に発売するカップ・オブ・エクセレンス入賞メキシコ・ウエウエテクパム農園の話をしていたら、「私メキシコの豆好きですよ」と返答があったので、「よくマイナーなメキシコをご存じですね」と聞き返すと「アルトゥーラですよね」と流石元プロ。メキシコの規格についても熟知されているのです。

メキシコは生産量自体は結構多く世界7位なのですが、日本に輸入されている銘柄はとても少なく、僕自身メキシコの銘柄は5銘柄ぐらいしかテイスティングしたことがありません。

まず「メキシココーヒーを飲んだことがある」と聞くと少し驚いてしまいます。

ですから女将さんは僕が投げかけるコーヒーの話をしっかり受け止めてくれるのです。

僕はコーヒー屋である前に「いちコーヒーマニア」なので、普段からコーヒーの話をすることが好きです。

僕のマニアな話を受け止めてくれる方は少ないので、とても嬉しいのです。

本当に最高の癒しの空間です。


| グルメ | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0)
祝!成人
本日新居浜は成人式でした。

当店は成人式の会場の市民文化センターが近いためか、毎年誰かしら常連さんのお子さんが成人したとの事で寄ってくださいます。

今日も2人常連さんがお子さんを連れて来てくださいました。

1人は開店当初からの常連さんで娘さんが成人を迎えたということで、着物姿で寄ってくださいました。

開店当初から娘さんと来てくれていて、その娘さんが中学生の頃から見ていて、高校、大学生になって成人し、早いものでこんなに大人になったのかと感慨深くなりました。

それと同時に僕も成人式から15年以上経ち、20歳の子達をみて「若さとはそれだけで1つの魅力」だと思うようになりました。

完全にオジサン化現象ですね。

成人のみなさん。おめでとうございます。

| その他 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0)
精米機

我が家の食卓に欠かせない家電。

それは精米機です。お米大好き人間の僕としては挽たてのお米を頂くための必須のアイテムです。

現在使用している精米機が接触不良のため買い換える事にしました。

でもこの精米機という家電は、結構アイテム数が少なく選ぶ範囲が狭いのです。

まず、大手家電メーカーはあまり手を出していないマーケットで、6合以上対応の物がほとんどなく、価格も高価です。

しかも、結構不具合が出やすく、我が家は何台か潰してきました。

今回たまたまネットで探していると見つけたので、早速購入しました。

今回購入したのはZOJIRUSHIのもので、しかも一升まで対応しているものです。

少し奮発して買いましたが、大満足です。

美味しいお米があるだけで幸せですよね。



| グルメ | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0)
カップ・オブ・エクセレンス入賞メキシコ・ウエウエテクパム農園のテースティング


15日から発売するカップ・オブ・エクセレンス入賞メキシコ・ウエウエテクパム農園をサンプル焙煎し、テースティングしました。

昨日ハンドピックをしていて豆のバラつき、欠点豆の多さから「カップ・オブ・エクセレンス入賞豆なのに大丈夫かな?」と思いつつ、でも生豆の香りはとてもフルーティなのでどうなることかと焙煎しました。

焙煎をしているとやはりバラつきがあるためか爆ぜる時間にもバラつきがあり煎りあげるタイミングはどうしようかと思いながら行いました。

早速テースティングしましたが、通常僕はプロの目線から自分の好みで「美味しい」か「不味い」で豆の評価はしません。

「品質が高い」か「品質が低い」かで豆をみます。

カップ・オブ・エクセレンス入賞豆なので品質が高いのは当たり前ですが、それ以上に「美味しい」と好みの豆で、自分としても飲んでいて嬉しくなりました。

フレーバーは想像以上にフルーティで、マスカットやチェリー、ハイビスカスの花の香のようでした。

酸の質も非常に良く、アフターテイストもしっかりした印象です。

今日はハイローストで煎りあげましたが、ベストポイントかほんの少しだけ(5秒ぐらい)煎り深めても良いのかと思います。

ぜひ楽しみにしてください。
| コーヒーのこと | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0)
15日カップ・オブ・エクセレンス入賞メキシ・コウエウエテクパム農園


15日から発売するカップ・オブ・エクセレンス入賞メキシコ・ウエウエテクパム農園のハンドピックをしています。

正直ピックをしていてカップ・オブ・エクセレンス入賞の豆でこんなにも欠点豆が多い豆は珍しいほどあります。

通常カップ・オブ・エクセレンス入賞豆は栽培から精選、隅から隅まで豆の品質を上げるためにピックにも時間を掛けているものなので、ほとんど欠点豆はありません。

でもこのウエウエテクパム農園のロットは多く混入していて少し不安になるものですが、生豆の段階で香りを嗅いでも抜群にフルーティさが窺えます。

明日サンプルローストしようと思いますが、とてもワクワクしています。

15日15kg限定発売です。興味のある方はお早めにお求めください。
| コーヒーのこと | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0)
スマトラタイガー

スマトラタイガーの新しいロットの麻袋がデザインチェンジしました。

前のロットまでは何の面白味の無い素っ気ないデザインでしたが、ご覧の通り虎の絵が入りました。

スマトラタイガーという銘柄で直球なデザインですが、可愛いものです。


| - | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0)
コーヒー文化の成熟
はっきり言ってコーヒーの文化は未成熟です。

10世紀初頭から焙煎豆ではありませんでしたが飲用され、13世紀には現在と同じ焙煎された豆でコーヒーは愛されてきました。

とても歴史のあるコーヒーですが文化レベルでいうとワインには勝てないですし、日本でいえばお米の文化には程遠いです。

例えばまだ多くの方が「ブレンドの方がおいしいでしょ」と問い合わせ頂きます。

よく頂く問い合わせなのでコーヒー教室では「例えば美味しいお米の代表南魚沼産のコシヒカリを他のお米とブレンドして食べたいですか?」と聞くと100%の方が「そんな品質の高いお米と混ぜるなんて勿体ない」と答えます。

コーヒーも同じです。まず品質の良い豆なら混ぜなくても美味しいのです。

ただこれもコーヒー業界全体の責任ですが、事実混ぜなくてはいけない品質の低い豆が多く出回っているのです。

その品質の高い豆と低い豆のランク分けがようやく2000年以降整備されてきたのです。

ですからコーヒーの文化レベルはまだまだ低いのです。

2015年もコツコツとコーヒーの魅力を伝えていきたいと思います。

そんな魅力をお伝えする2015年度1発目のコーヒー教室が4月5日(日)に決まりました。

詳細は後日書きたいと思います。


| コーヒーのこと | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0)
2015仕事始め
当店は本日から仕事始めです。

店頭のみですが新春初売りセールを明日までしているのですが、今日は想定以上にお買い求め頂いたお客さんが多くて、昼前から閉店までずっと焙煎機を回していました。

嬉しい悲鳴ですが、連休明けには少々堪えました。

新春初売りセールも明日までです。この機会にお好みの豆をお買い求めください。

本年も振り切っていきますので、よろしくお願いいたします。

| コーヒーのこと | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0)
明日から仕事始め
皆さん連休はいかがお過ごしでしょうか?

僕はこの連休食い倒れて体重が2kgぐらい増えてしまいました。

そして、いよいよ明日2015年仕事始めです。

そして、毎年仕事始め前の儀式があるのですがそれは「靴磨き」です。


定期的に磨いているものですが仕事始めは必ず行います。

しっかり磨いた靴を履くと気合が入るので、僕の良いスウィッチになるのです。

気合を入れていきますので本年もよろしくお願いいたします。



| コーヒーのこと | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0)
準備体操
当店は4日から通常営業です。

ですが、連休の最終日は出荷量の多い豆の焙煎日に充てます。

連休明けは少しだるいので1日前に半日焙煎作業をして、それが準備体操になって丁度良いです。

4日から2日間店頭にて豆のセールを行いますので、気合を入れて振り切っていきます。

| コーヒーのこと | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0)
今年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます。

日々精進してまいりますので、本年もよろしくお願いいたします。



そして、年越しそばに「そばの花」さんで注文していたお蕎麦を頂きました。

食べに食べてます。


| その他 | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< January 2015 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE